「出世欲に目がくらみ」陽のあたる場所 kossykossyさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「陽のあたる場所」 > レビュー > kossykossyさんのレビュー
メニュー

陽のあたる場所

劇場公開日 1952年9月16日
全11件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

出世欲に目がくらみ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 別れ際にキス、キス、キス。初めてのデート、そしてやがて深い関係に・・・会社にばれたら2人ともくびだと思っていたが、妊娠が発覚。そしてジョージは上流階級の娘アンジェラ(テイラー)とも恋心が芽生えてしまう。

 ラジオからは死者のニュース、アンジェラの別荘に誘われ、そこで水死事件の話を聞く。当然、邪魔になったアリスを溺死させることを思いつく・・・お誂えむきなことに、アリスは泳ぐことができないときたもんだ。 ジョージの母親は教会の伝道師もやってるし、堕胎さえ気が引けていたし・・・苦悩するジョージ。一方、アリスは結婚を急かす・・・教会が休みだったので別荘近くのアビ湖へ誘いボートに乗る。偽名を使い、沖まで行って偶然ながらも転覆・・・

 出世欲に目がくらみ妊娠させた女を捨てる話は古今東西あるパターン。初めてこの三角関係を知ったのは石川達三の『青春の蹉跌』だったが、ほとんどが政略結婚によるものだと思う。

 なぜだか裁判のシーンも丁寧に描かれている。ちょっと無駄だったような気もする。それよりも殺してしまった後のジョージの心理変化や、アンジェラの祈り、そして母親の救済活動があればよかったかな。

kossykossy
さん / 2018年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報