「遠い親戚を頼り田舎から出てきた好青年(M・クリフト)。会社に禁止さ...」陽のあたる場所 はむひろみさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「陽のあたる場所」 > レビュー > はむひろみさんのレビュー
メニュー

陽のあたる場所

劇場公開日 1952年9月16日
全11件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

遠い親戚を頼り田舎から出てきた好青年(M・クリフト)。会社に禁止さ...

遠い親戚を頼り田舎から出てきた好青年(M・クリフト)。会社に禁止されている同僚との恋に落ちる。幸せそうな二人。
やがて男はその努力を買われ出世、上流階級社会のとびきりの美女(E・テイラー)に気に入られる。男は当然このとびきりの美女に惹かれて行く。しかしその時、同僚の女のお腹には男の子が…
こう書いただけで次の展開が読めますよね。なんとわかりやすいストーリー。しかしこれが深いんです。
話はクライムサスペンスから法廷劇へ。一瞬たりとも目が離せません。
この作品には真の意味の悪人が出て来ません。それが話を深く、面白くさせています。
主演の二人もとても魅力的です。特にE・テイラーの洗練された美しさ。男なら、そらこちらを選んでしまうでしょう(笑)
古い作品ですが見逃せない一本です。

はむひろみ
さん / 2017年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報