「平面の先の内部へ」ヴィデオドローム チャーリーさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ヴィデオドローム」 > レビュー > チャーリーさんのレビュー
メニュー

ヴィデオドローム

劇場公開日 1997年1月
全5件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

平面の先の内部へ

クローネンバーグの代表作ということで観てみましたけど、なんとも掴みようがなかったですよ。観念的な題材に猥雑な描写をのっけてて、のめり込んでしまったり、おぞましかったり、なんだか笑えてきたりと、忙しいったらありゃしません。
ですけど、思ったのは、この映画、内部への尽きせぬ興味を描いているんだと感じました。内部から出てくるものは常にドロドログログロしていて、私たちが必死に画面を見る先に求めているものを、これだろ、これが欲しいんだろ、と言われ続けているような気がしていました。

チャーリー
さん / 2014年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi