「人間ビデオデッキ。」ヴィデオドローム 万年 東一さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ヴィデオドローム」 > レビュー > 万年 東一さんのレビュー
メニュー

ヴィデオドローム

劇場公開日 1997年1月
全4件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

人間ビデオデッキ。

特殊効果がグロくて良い意味でB級な雰囲気を醸し出していてビデオテープが膨らんだりするのは何か可愛い感じ。

中盤位から現実の世界なのか幻想の世界なのかがゴチャゴチャになって起こる出来事が幻覚を見ているんだろう?と思いながら鑑賞していて緊張感が保てないのは残念。

D・ハリー(Blondie)が脱いでいたのには驚いたしアノ婆ァは「ハロルドとモード」の婆ァか?

麻薬をやる様に幻覚を見て中毒性を帯び現実と幻想の区別が付かなくなり死に陥る。

ヴィデオドロームで世界滅亡を企む話!?

万年 東一
さん / 2017年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi