悲愴のレビュー・感想・評価

メニュー

悲愴

劇場公開日 1989年11月17日
1件を表示 映画レビューを書く

理性への信頼を貫くことが困難な時代に

DVD化されていないクシシュトフ・ザヌーシ監督の作品を、VHSの中古品を取り寄せて鑑賞した。
人間の理性を根拠に、戦争は起きないだろうという見解を示した主人公は、他者からは楽観主義だと指摘を受ける。恐らくは今、同じことを主張したとしたら、同じように非難されるかもしれない。それでも理性を信じ、貫いた人間の悲劇とかすかな希望を、静かに見つめ、後世に語り継ごうとする監督の姿勢が感じられる。
主人公は正気を失った妻の理性が失われていないことを最後まで信じ抜き、妻が最後を迎えるその瞬間に、それは現実のものとなる。そこに、監督の強い理性への信頼を感じた。
今、この不安定な時代にこそ見直す価値のある作品である。

masaking
masakingさん / 2017年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi