「笑いは特効薬」パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー ♪riko♪さんの映画レビュー(感想・評価)

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

劇場公開日 1999年3月20日
全23件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

笑いは特効薬

自殺未遂で精神病院に数日入院した事から人生の転機が訪れた。

入院患者らと過ごすうちに本当の意味での医療とは?病気ばかりを診て患者を診ない医療のあり方に疑問をもち医者を志すパッチ。

元々成績優秀なパッチは医大に合格したものの3年になるまで患者に接することが出来ない現状に痺れを切らし単独で病室を訪ねていた。

患者を笑顔にしたい!パッチの願いは入院患者にも喜びのある日常を送って欲しいという事だ。
QOLの向上そのものです。

看護師、患者にパッチは受け入れられていたが、担当の医師がパッチを退学に追い込む。

パッチは彼女を亡くし傷心していたが医師になるという強い決意を皆んなに伝え見事無事大学を卒業する。

実話ながらあっぱれ‼︎
笑いは、薬よりもずっと効果があるのです。
患者は物ではありません。きちんと人格に向き合って治療してほしいと思う。

♪riko♪
さん / 2016年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報