「医師とは、なんぞや。」パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー おりこうさんの映画レビュー(感想・評価)

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

劇場公開日 1999年3月20日
全23件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

医師とは、なんぞや。

病を治す事が大前提だけれど、いつかはみんな(死)を向かえる。

ならば、生きている間に(歓喜の瞬間)(生きている喜び)をどれだけ体感してもらえる様に導けるのか、嬉しい楽しい時間をどれだけ患者さん自身の中に、増やして行けるのかを、考え実行してしまうDr.パッチ。

患者さんの夢を、夢のままで終わらせない。

目の前の患者さん一人一人に、しっかり向き合ってくれる。

その気持ちは、患者さんだけでなく、周りの人達にもしっかり伝わって行く。

夢物語でもおとぎ話でもなく、実話なんです。

医師という垣根を越えた奇跡の人。

こういう人が本当にいる(いた)んだ。って事が、もう奇跡だよね。

Life is beautiful!!

そう叫びたくなる映画です。

おりこう
さん / 2016年4月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報