白銀のレーサー

劇場公開日

0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スキー・レーサーの勝利と栄光を描いた、アメリカ初のスキー劇映画。監督は新鋭マイケル・リッチー。脚本はジェームズ・ソルター、原作はオークレイ・ホール。撮影はブライアン・プロビン、美術はイアン・ウィテカー、音楽はケニョン・ホプキンスがそれぞれ担当。製作はリチャード・グレグスン。出演は「裸足で散歩」のロバート・レッドフォード、「俺たちに明日はない」のジーン・ハックマン、「マッケンナの黄金」のカミラ・スパーブ。他にジム・マクマラン、クリスチャン・デルマン、キャスリン・クローリーなど。

1969年製作/アメリカ
原題:Downhill Racer
配給:パラマウント

ストーリー

冬のアルプス。アルペン滑降競技に参加するアメリカ・チームは、トップ・レーサーが負傷したことから代わりに2人の新人、デービッド・チャペレット(ロバート・レッドフォード)とジョニー・クリーチ(ジム・マクマラン)を送りこんだ。中でもコロラド育ちのタフな若者デービッドには、コーチのクレア(ジーン・ハックマン)の期待も大きかった。米チームはスイス、オーストリアと転戦したが、勝利にはほど遠かった。が、翌年の冬、再び渡欧したデービッドは、キッツビューエルのハーネンカム2マイル・レースで、欧州の強豪たちをしりめにアメリカに奇跡ともいうべき勝利をもたらした。しかも、美しいレーサー、キャロル(カミラ・スパーブ)の心を得、デービッドにとって忘れられぬ年となった。3度目の冬、デービッドは三たび欧州にとび、キャロルとも再会した。が、すでに彼の心はキャロルの上にはなく、来るべきオリンピックだけに占められていた。オリンピックが開始された。僚友のクリーチの負傷のため、故国の期待を一身に背負ったデービッドは、スターティング・ポジションについた。息ずまる競技の末、ゴールド・メダリストの栄光は彼に輝いたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る