HEARTハート

解説

事故死した少年の心臓を移植された男と少年の母親の鬼気迫る愛憎劇を描いたサスペンス。脚本はテレビシリーズ『心理探偵フィッツ』(NHK衛星放送にて放映)「司祭」などで知られるジミー・マクガヴァンで、監督には『心理探偵フィッツ』などのテレビの演出で活躍したチャールズ・マクドゥガルが登板。製作のニコラ・シンドラー、編集のエドワード・マンセルは『心理探偵フィツツ』に参加。製作総指揮はピッパ・クロス、ガブ・ニール。撮影はジュリアン・コート。音楽はステイーヴン・ウォーベック。音楽監修はボブ・ラスト。衣裳はジェームズ・キースト。出演は『心理探偵フィッツ』「エリザベス」のクリストファー・エクルストン、「バタフライ・キス」のサスキア・リーヴス、「ツイン・タウン」のリス・エヴァンズほか。

1998年製作/84分/イギリス
原題:Heart

ストーリー

心臓疾患を抱えるゲーリー(クリストファー・エクルストン)は自家用機での運搬業を営んでいた。ある日、テレビ局のプロデューサーとして多忙な日々を送る妻テス(ケイト・ハーディ)といさかいを起こした彼は発作を起こして病院に運ばれ、車椅子に頼る身に。テスは後ろめたさを覚えながらも作家のアレックス(リス・エヴァンス)との情事に溺れていく。回復のため心臓移植を決断したゲーリーはその機会を待ち、ほどなく事故死した17歳の少年ショーンの心臓を移植される運びとなった。ショーンの母親マリア(サスキア・リーヴス)は息子がドナーカードを持っていたこともあって心臓の提供を合意したのだ。手術は無事に成功、ゲーリーは順調に回復し、アレックスと別れたテスとの関係も修復したかにみえたが、ゲーリーはなぜか妻が信じられず、アレックスの元へ足を向け、彼に追い立てられた。行動が粗暴になったのは新しい心臓のせいと彼は疑い始め、元の持ち主だったショーンの事件の裁判に出向き、マリアに会い、自分の正体を明かす。有望なボクサーだったショーンの心臓は強靭そのもの。マリアはやがて、10代でもうけた最愛の息子が他人の体の中で生きているという妄想に駆られ、異常な行動に出るようになる。ゲーリーはそんな彼女を邪険にできない。かくして、マリアに巻き込まれるように、あるいはショーンの心臓に突き動かされるかのように、事態は思いもよらない方向へ展観するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る