劇場公開日 1979年3月31日

「トゥルリが無表情。リラの館。」イノセント 雨だれさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0トゥルリが無表情。リラの館。

雨だれさん
2019年9月14日
Androidアプリから投稿

知的

主人公の俳優さんは「バチカンで逢いましょう」で出てきたおじ様だったのか。

細かいところに最後まで釘付けになってしまうのは、さすが。
中でも印象に残るのはリラの館、あの明るい心地よさげな雰囲気。

主人公たちは、「自由に生きるのだ」とやたら主張し、その方が素晴らしいのだと言わんばかり。なのに彼らは実際は気持ちが不安定で不幸せそうだ。パートナーを失いはしないかといつもビクビクし、相手には「自由」を認めず拘束しようとする矛盾。
トゥルーリは顔色悪く(もしや愛人の気をひくための化粧?)、無表情だ。健康的で明るい弟と対照的。 何にも拘束されないのだから欲望を駆り立てない大抵のことには無関心、ということらしい。
無神論、自由。聞こえはよいが、イコール、精神的な軸を失い心はさ迷うことに…。西欧文明の一側面かと思うけれど、 いずれにせよ、 これは明日どうやって食べていくかを心配しなくてよい層の話だ…。あまり自分には関係なかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨だれ
「イノセント」のレビューを書く 「イノセント」のレビュー一覧へ(全3件)
「イノセント」の作品トップへ