ノイズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ノイズ」
メニュー

ノイズ

劇場公開日

解説

空宇宙から帰還した夫に対する妻の不信をスリリングに描くSFサスペンス。監督・脚本はこれが長編初監督のランド・ラビッチ。製作は「ザ・メイカー」のアンドリュー・レイザー。製作総指揮は「フェイク」のマーク・ジョンソン。撮影は「コンゴ」のアレン・ダビュー。音楽は「オースティン・パワーズ:デラックス」のジョージ・S・クリントン。美術は「オルランド」のジャン・ロールフ。編集は「ラスト・サマー」のスティーブ・ミルコビッチ。衣裳は「ダンテズ・ピーク」のイシス・マッセンデン。出演は「ラスベガスをやっつけろ」のジョニー・デップ、「マイティ・ジョー」のシャーリーズ・セロン、「フェイス/オフ」のニック・カサヴェテスほか。

ストーリー

NASAの宇宙飛行士スペンサー(ジョニー・デップ)は宇宙空間での作業中に「あれはなんだ」という言葉を残して交信を絶った。NASAの懸命の努力でスペンサーは一命をとりとめるが、宇宙空間でともに作業をしていたアレックス(ニック・カサヴェテス)が変死、アレックスの妻(ドナ・マーフィー)も自殺する。スペンサーの妻のジュリアン(シャーリーズ・セロン)は不信を抱く。その後、スペンサーは民間企業に転職。二人はマンハッタンの豪華マンションに引っ越すが、スペンサーは夜中にラジオのノイズに聞き入るなど奇妙な行動をとるようになる。やがて、ジリアンは元NASAの調査員シャーマン(ジョー・モートン)からアレックスの妻が双子を妊娠していたこと、交信が途絶えた期間に不審なデータが残っていることを告げられる。ジュリアンもまた双子を妊娠していた。シャーマンも謎の死をとげ、ジュリアンの不安は募る。交信が途絶えていた2分間になにが起きたのか。スペンサーが別の何者かに乗り移られているのではないかと考えたジュリアンは、家中に水をはり、電気製品のスイッチを入れる。このまま双子を道連れに感電死すると脅すジュリアンに、スペンサーは重い口を開き、衝撃の事実を告げるのだった。...

作品データ

原題 Astraunotes' Wife
製作年 1999年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ配給(ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ=ポニーキャニオン=博報堂提供)
上映時間 109分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.4 2.4 (全7件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi