トワイライトゾーン 超次元の体験のレビュー・感想・評価

トワイライトゾーン 超次元の体験

劇場公開日 1984年2月18日
4件を表示 映画レビューを書く

世界観。

世界観が最高、レトロなテレビ番組特有の格式高い伝統感、トワイライトゾーン特有のレトロで不気味な世界観が一つ一つの話ごとに別の形で出ているのがいい!

話は3本目が良かったです。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2018年1月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オムニバス映画

もう二度と実現不可能であろう、娯楽映画のツボを心得た4人の有名監督の豪華競演が、何とも嬉しい。
その中でも一番コワ面白く、オチもバッチリ決まっていたのが、第4話の「2万フィートの戦慄」でしたね。
飛行機恐怖症の男が遭遇する大災難を描く、世にも奇妙な密室劇のメガホンを取るのが、ジョージ・ミラーと言うのも意外だった。
ミラーと言えば『マッドマックス』シリーズのように、砂漠や荒野を舞台にした屋外でのカーアクションを得意とする監督でしたから。
果たして飛行機の翼に居た異形の生き物は一体なんだったんだろうか?
額に尋常じゃないぐらいの大汗をかきながら、だんだんと恐怖に顔が青ざめていくジョン・リスゴーの迫真の演技にも不謹慎だけど大いに笑わせて貰いました。

みつまる。
みつまる。さん / 2015年10月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全てのストーリーにじわっと来る

最初はよくわからなかったが、その後ビデオで何度も見ているうちに、どのストーリーにもハマってきた。
特に「キックザカーン」の話、ウルマンの詩「青春」を思わせるストーリーは泣ける。何度も見て泣いてその意味を考えさせられた。
いい映画にはハートがある。だから心に響き、いつまでも心に残る。

やまちゃんの一言
やまちゃんの一言さん / 2014年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それぞれのエピソードが素晴らしい

アメリカのTVシリーズ「ミステリーゾーン」の映画版。

人種偏見の恐怖を描いた第1話。
老人達が一夜限りで若返る第2話。
孤独な超能力少年の話の第3話。
飛行機恐怖症の男が恐ろしい目に合う第4話。
そして、オープニングとエンディングの短いシークエンス。

その全てが秀逸なデキで、見事にそれぞれの監督のカラーが出ています。オムニバス作品としてはかなり良いですね。完成度が高いし、全体としてまとまっている感じがします。

だいすけ
だいすけさん / 2009年2月24日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi