トワイライトゾーン 超次元の体験

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
トワイライトゾーン 超次元の体験
トワイライトゾーン 超次元の体験
17%
54%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

59年から65年までCBSで放送されたTVシリーズの映画版。スティーヴン・スピルバーグとジョン・ランディスが製作にあたり、2人の他にジョー・ダンテとジョージ・ミラーの2人が加わり4人それぞれ1話ずつ(ランディスはプロローグも担当)を監督した。エグゼクティヴ・プロデューサーはフランク・マーシャル。脚本はプロローグと第1話をジョン・ランディス、第2話をジョージ・クレイトン・ジョンソン、リチャード・マシスン、ジョッシュ・ローガン(メリッサ・マティスンの筆名)の3人、第3・4話をリチャード・マシスンが執筆している。撮影はプロローグと第1話をスティーヴン・ラーナー、第2話・4話をアレン・ダヴュー、第3話をジョン・ホラが担当。音楽はジェリー・ゴールドスミス、プロダクション・デザイナーはジェームズ・D・ビッセル。出演はダン・エイクロイド、アルバート・ブルックス、ヴィック・モロー、スキャットマン・クロザース、キャスリーン・クインラン、ジェレミー・ライト、ジョン・リスゴーなど。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。ヴィック・モローは共演していたベトナム系少女たちと共にこの撮影中に事故死した。

1983年製作/101分/アメリカ
原題:Twilight Zone The Movie
配給:ワーナー映画

ストーリー

(プロローグ)真夜中の田舎道を1台の車が走っている。若い男2人が乗っており、退屈さをまぎらわすために、TVシリーズのメイン・テーマの当てっこをやり始めた。「トワイライトゾーン」が出て、あれは本当にこわかったなあーなんて会話になる。助手席にすわっていた男(ダン・エイクロイド)が運転した男(アルバート・ブルックス)に「もっとこわいことをしてやろうか?」といい、車をとめさせる。わくわくしながら待っていると、助手席の男が世にもおそろしき悪魔に変身。絶叫がひびき渡る。(第1話)とあるバーで、セールスマンのビル(ヴィック・モロー)が友人にぐちっている。自分より能力が下のユダヤ人に昇進を横取りされたというのだ。ビルはさらに黒人も東洋人もけなしてから、バーを出ていく。外はなんとドイツ占領下のフランスだった。彼はユダヤ人とみられて逃走。ビルの壁にへばりついているところを射たれて、気づいた時はKKK団に「この黒人め!」とこづかれていた。さらに逃げて川へ。ここでは、彼はヴェトコンとみられてアメリカ兵の一斉射撃をくらう。再び、ドイツ占領下のフランスに逆戻りし、ユダヤ人強制収容所行きの列車に押し込まれた。外を覗くと、あのバーがあり、友人たちが彼の名を呼んでいる。ビルの叫びは、しかし彼らには届かなかった。(第2話)サニーヴェイル老人ホーム。子供に見捨てられたコンロイ氏。「人間は遊びを忘れた時から年をとり始めると私は思います。どうです、今夜、庭でカン蹴りしませんか」と黒人のブルーム氏(スキャットマン・クロザース)が提案する。コンロイ氏を除くみんなが賛成し、真夜中に庭でカン蹴りをした。彼らは子供にもどった。だが「もう一度人生を繰り返したくない」 「夫は死んでるもの」といった理由で、みんなは大人にもどる決心をする。ただ1人、ダグラス・フェアバンクスみたいに暴れてみたいといっていたエイジー氏が、少年の姿で窓から外の世界に飛び出していった。翌日、庭でカン蹴りをしているコンロイ氏の姿があった。(第3話)ヘレン(キャスリーン・クインラン)は教師の職を捨て旅に出る。途中のドラッグストアで知り合ったアンソニー少年(ジェレミー・ライト)を家へ送り届けた。少年の家族はみな異常な雰囲気をただよわせている。アンソニーは超能力の持主で、彼にさからった姉はテレビの漫画の世界におくられてしまった。ヘレンはアンソニーを導く教師になろうと決意する。(第4話)嵐をついて空を飛ぶジェット旅客機。飛行機恐怖症のヴァレンタイン氏(ジョン・リスゴー)は、青白い顔をし、落ちつかぬようすですわっている。窓から外をみると翼の上に怪物がいた。騒ぎたてる彼にスチュワーデスは精神安定剤を与える。彼がもう一度外をみると怪物はエンジンを食っていた。彼は窓をぶち破り、銃を向けるが、効果はない。怪物は彼のところに近づき、いけない子だねと指を左右に動かし、銃を奪っていった。飛行機は着陸し、整備士はエンジンが何者かに食いちぎられているのを発見する。その頃、ヴァレンタイン氏は救急車に乗せられていた。「ダンナ、ひどい目にあったそうだね」と話しかける運転手(ダン・エイクロイド)。さらに運転手はいう。「もっとこわい目にあいたい?」

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5こーの映画ははまったね〜

守銭奴さん
2018年8月29日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、映画館

楽しい

怖い

興奮

これ、いわゆるポケモンショックなってたのかな、見終わったあとなんか頭がポワポワ〜と軽いトリップ感覚があった。

最後のエピソードに光が激しく明滅する場面があったので。

とにかくしかし、この映画以来似たようなアメリカ、主にアメリカかなドラマとか再放送もしてたので、よくみてましたね。古い「トワイライトゾーン」あるいは「ミステリーゾーン」も全部じゃないが、やってて見てました。

最初にナレーションが入る手法はそもそもヒッチコック劇場が最初かわかんないけど、トワイライトゾーンシリーズはナレーションの音声のみで、誰かわからない。これもそう

この映画、主に4つのエピソードで3つ目と4つ目が好きなんだが、歳とると2つ目も良い。泣ける、さすがスピルバーグ。

ただ、1つ目が…有名な話だが撮影中の事故でビッグ・モローと二人のベトナム人の子供、それにたぶんヘリコプターのパイロットも死んだと思う。
むかしCNNかなんかでその場面の映像流してて…なんでそうなったのかヘリコプターが沼でひっくり返ったみたいになって爆発炎上。
このエピソードを作ったジョン・ランディスもその後パッとしないし、この1つ目の話も中途半端になっちゃうし。全く不幸な事故でした。

それはともかく、SF好きならみるべきでしょうか。

当時の特撮技術は今みるとなんかショボいところもありますが、怪物メイクは気合入ってますマジ怖い。

音楽もよくて、言うことなしなんですが、やはり事故のこと考えると少し減点。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
守銭奴

4.0世界観。

2018年1月7日
PCから投稿

世界観が最高、レトロなテレビ番組特有の格式高い伝統感、トワイライトゾーン特有のレトロで不気味な世界観が一つ一つの話ごとに別の形で出ているのがいい!

話は3本目が良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハワイアン映画道の弟子

3.0オムニバス映画

2015年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

もう二度と実現不可能であろう、娯楽映画のツボを心得た4人の有名監督の豪華競演が、何とも嬉しい。
その中でも一番コワ面白く、オチもバッチリ決まっていたのが、第4話の「2万フィートの戦慄」でしたね。
飛行機恐怖症の男が遭遇する大災難を描く、世にも奇妙な密室劇のメガホンを取るのが、ジョージ・ミラーと言うのも意外だった。
ミラーと言えば『マッドマックス』シリーズのように、砂漠や荒野を舞台にした屋外でのカーアクションを得意とする監督でしたから。
果たして飛行機の翼に居た異形の生き物は一体なんだったんだろうか?
額に尋常じゃないぐらいの大汗をかきながら、だんだんと恐怖に顔が青ざめていくジョン・リスゴーの迫真の演技にも不謹慎だけど大いに笑わせて貰いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。

3.5全てのストーリーにじわっと来る

2014年9月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

最初はよくわからなかったが、その後ビデオで何度も見ているうちに、どのストーリーにもハマってきた。
特に「キックザカーン」の話、ウルマンの詩「青春」を思わせるストーリーは泣ける。何度も見て泣いてその意味を考えさせられた。
いい映画にはハートがある。だから心に響き、いつまでも心に残る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やまちゃんの一言
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る