劇場公開日 1996年11月30日

「There are no reasons. 若者の焦燥感を上手くとらえた作品」トレインスポッティング アキ爺さんの映画レビュー(感想・評価)

3.696
20%
53%
21%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0There are no reasons. 若者の焦燥感を上手くとらえた作品

アキ爺さん
2017年4月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

1996年の作品ながら今観ても全く古びていない、若者の焦燥感を上手くとらえた秀作です。もちろん誉められた話ではないですし、付いてこれない人も多いでしょうけど、ハマる人にはがっちりハマると思います。「考えるな、感じるんだ」の世界ですね。

ポスターからしてインパクトあってメチャメチャ格好いい!映像もスタイリッシュで印象に残ります。キャラクターは全員ダメな奴らばかりなのですが、どこか愛着が持てるのが不思議な所です。ダニー・ボイルの才能が爆発してたと言っても過言ではないでしょう。

しかし、座薬のドラッグって実在するのでしょうか?何にせよアレ考えついた人は頭おかしいに違いない!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
アキ爺
「トレインスポッティング」のレビューを書く 「トレインスポッティング」のレビュー一覧へ(全96件)
「トレインスポッティング」の作品トップへ