劇場公開日 2018年6月2日

「最高傑作」トラスト・ミー maybeさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0最高傑作

maybeさん
2019年1月13日
スマートフォンから投稿

この頃のハートリーの長編映画(unbelievable truth-simple menまで)は同じテーマを覚めた視点で描きながら、最後はどうしようもないほどピュアな感情溢れる作風でその頂点がこの作品だと思います。

海外の批評家から淀川長治まで絶賛され、ハリウッドからの誘いを断っていたハートリーがこの後作家性を強めて行き、感情面の熱量が下がり早くもピークを過ぎてしまったのは残念。
彼の短編映画を見るとゴダール的要素を初期から持っていたのがわかりますが、彼の個性はそこではなかったのに。

不器用でアイロニックなセリフや独特のドライな空気感、それでいて最後に何より熱い感情を感じられる忘れ難い作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
maybe
「トラスト・ミー」のレビューを書く 「トラスト・ミー」のレビュー一覧へ(全8件)
「トラスト・ミー」の作品トップへ