デリカテッセン

劇場公開日

16%
50%
20%
12%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

終末戦争後のパリにたった一軒残った精肉店を舞台に展開するひねりのきいたブラック・ユーモア。製作はクローディー・オサール、監督・脚本はこれが長篇デビューとなるジャン・ピエール・ジュネとマルク・キャロのコンビ、共同脚本にジル・アドリアン、撮影はダリウス・コンジ、音楽をカルロス・ダレッシオが担当。出演はドミニク・ピノン、マリー・ロール・ドゥニャほか。

1991年製作/99分/フランス
原題:Delicatessen
配給:ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

ストーリー

核戦争から15年、生き残りの人々が食料をあさり合う荒廃したパリの街はずれ、職を求めてルイゾン(ドミニク・ピノン)はこのデリカテッセン(肉屋)にやってきた。ところが店の主人(ジャン・クロード・ドレフュス)はこうしてカモをおびき寄せては肉にしてしまう恐しい男。その娘で心優しいジュリー(マリー・ロール・ドゥニャ)は一目見て気のいいルイゾンに好意を寄せ、またしても犠牲者が増えるのが堪まらず、反体制の菜食主義者たる“地底人”たちと手を結んで秘かにルイゾン救出作戦に乗り出す。ところでこのデリカテッセンの上はアパルトマンになっているのだが、住人たちは各れ劣らぬ強者揃い。今や遅しとルイゾンの肉を待ち受けているだけに、突然侵入してきた地底人たちと上を下への大騒ぎ。もちろん一番手強いのは親父だ。風呂場に水を溜め、アパートを大洪水にするというルイゾンの最後の一手も失敗し、ついにルイゾンとジュリーに親父の手が迫る。しかし危機一髪、ルイゾンから奪って親父の放ったブーメランは逆に親父自身の額にめり込んだ……。騒ぎの収ったアパルトマンの屋上で平隠を楽しむルイゾンとジュリーの姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0あれ?ドミニク・ピノンがカッコいい。

なおさん
2018年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

のちの『エイリアン4』『アメリ』でのねじくれたブラックユーモアの原型…なのか? 「なんじゃこりゃー?!」みたいな演出(軋みに合わせてとかお茶を注ぐとことか)はあるがグロスプラッタシーンはほとんどないしラブストーリーだったしいろいろ混乱した。キャロのおかげ/せいか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.518年5本目。 【デリカテッセン】観た。舞台は核戦争後、荒廃したフ...

Aさん
2018年2月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

18年5本目。
【デリカテッセン】観た。舞台は核戦争後、荒廃したフランスはパリにある人肉デリカテッセンとその上のアパートの住人によるブラックユーモア&風刺映画。人肉というのでグロホラーを連想しがちだがそうではなく、セピア調の独特な美術感に惹かれる最高に美しいコメディ映画だった。大好き。OPも秀逸

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A

3.0ファンタジーみたいな

MUu29さん
2017年2月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

別に人外が出るわけでも
魔法を使えるわけでもないけど
なんかファンタジー映画を観てるような雰囲気がある。あんまり詳しくないけどそれがこの監督の特徴なのかな?
キャラはみんなそれぞれ個性があるけど
特に紹介とかあるわけでもないから
こいつ誰だっけ?ってなる。
みんな狂ってるなぁ〜って印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MUu29

4.0マニアック最高❗

2015年4月30日
Androidアプリから投稿

とにかく映像もキャストも独特❗ストーリーも御道路御道路強いけど、好きな人は好き❕❗

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あおっぺ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る