ディープ・ブルー(1999)

劇場公開日

8%
48%
38%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

海上のハイテク研究所を舞台に、高度な知能を持ったサメとその研究所に閉じ込められた人々の死闘を描いたアクション・サスペンス。監督は「ロング・キス・グッドナイト」のレニー・ハーリン。脚本は『ZERO Gravity』のダンカン・ケネディ、ドナ・パワーズとウェイン・パワーズ。製作は「プラクティカル・マジック」(脚本)のアキヴァ・ゴールズマン、「マウス・ハント」のアラン・リーシュとトニー・ラドウィグ。製作総指揮は「アウトブレイク」のダンカン・ヘンダーソンと「マトリックス」のブルース・バーマン。撮影は「沈黙の陰謀」のスティーヴン・ウィンドン。音楽は「グリマーマン」のトレヴァー・ラビン。美術は「スモール・ソルジャーズ」のウィリアム・サンデル。編集は「リーサル・ウェポン4」のフランク・J・ユーリオステと「沈黙の陰謀」のデレク・G・ブリードキン。衣裳はマーク・ブリッジス。視覚効果監修は「ロング・キス・グッドナイト」のジェフリー・A・オークン、サメ動作監修は「フリッパー」のウォルト・コンティ、特殊効果監修は「スターシップ・トゥルーパーズ」のジョン・リチャードソン、水中撮影は「タイタニック」のピート・ロマーノ。出演は「シン・レッド・ライン」のトーマス・ジェーン、「恋はワンダフル!?」のサフロン・バローズ、人気ラッパーである「トイズ」のLLクールJ、「交渉人」のサミュエル・L・ジャクソン、「コップランド」のマイケル・ラパポート、「エンジェル・ベイビー」のジャクリーン・マッケンジー、「RONIN」のステラン・スカルスゲールドほか。

1999年製作/105分/アメリカ
原題:Deep Blue Sea
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

太平洋上に建造された海洋医学研究施設アクアティカ。スーザン・マカリスター博士(サフロン・バローズ)は、サメ専門家のカーター(トーマス・ジェーン)、学者のジャニス(ジャクリーン・マッケンジー)とジム(ステラン・スカルスゲールド)、設備エンジニアのトム(マイケル・ラパポート)らを助手に、マコシャーク(=アオザメ)の脳組織を利用して、人間の老化を防ぐ新薬開発の研究に邁進していた。その研究に危惧の念を抱いた投資家グループの代表として著名人でもあるラッセル(サミュエル・L・ジャクソン)がアクアティカにやってきた。彼の見守る前で研究は成功したかにみえたが、折なんとサメたちに異変が。スーザンが法律違反を承知で行っていたDNA操作のため高度な知能を持つに至った彼らは、折あしく襲来したハリケーンに乗じて、研究所から抜け出そうと研究員たちに襲いかかったのだ。ジムの腕が食いちぎられたのを手始めに彼の救助にやってきたヘリコプターがサメのために墜落、研究所は破壊され、閉じ込められた彼らは必死で脱出を図る。堅牢なはずのアクアティカは徐々に浸水し、彼らは次々にそこへ入り込んで来たサメの餌食となり、スーザン、カーター、そしてコックのプリーチャー(LLクールJ)だけが海上に到達した。だが、海へ逃れようとするサメを殺そうとしてスーザンは犠牲となり、死闘の末にサメを倒したカーターとプリーチャーだけが生き残るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.5かなり良かった

2021年12月12日
PCから投稿

サメ映画はジョーズしか観た事なかったが今作はかなり面白かったです。お前死ぬんかい!というツッコミやどうなるんだ!?という展開も出来てて楽しむことが出来ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

3.5なぜか盛り上がりました

紗世逆さん
2021年9月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
紗世逆

3.0【古くても観やすい。設定がしっかりした鮫パニックホラー】

3104arataさん
2021年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

単純

興奮

・1999年公開のアメリカのSFアクションホラー映画。
・アルツハイマー病の研究を行う太平洋上の地下研究施設。そこでは鮫の脳細胞を利用して研究を進めており、鮫そのものの生態をいじっていたため知能の高い鮫に変化している。そこで嵐の夜に事件が起き、施設が壊れ、鮫が逃げ出す。鮫に襲われながらも地上に逃げ出すために奮闘する登場人物たち、という大枠ストーリー。

[お薦めのポイント]
・古くても観やすいパニックホラー
・設定がしっかりしていてリアリティがある

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
[物語]
・仮釈放中の主人公カーターが「波風を立てない」という理念を持っていたり、アルツハイマー病で亡くなった父の影響で研究を前のめりに進めるスーザン、アルプス登山で生き埋めになって生還した製薬会社社長のラッセルなど、登場人物の背景をしっかりとわかりやすく設定されていて、それでいてわざわざ回想などを見せずに説明だけして、映画の本筋が流れていく感じが好きでした。閉鎖空間で鮫に襲われるという単純なパニックホラーの背景に登場人物の性格を垣間見せてくれることで厚みを感じながら観続けることができました。

[演出]
・鮫に襲われる(食われる)シーンがわかりやすく表現されているところが好きでした。もちろん、1999年の作品なのでCG感を感じてしまうことは否めませんが、全然許せる範囲のものですし、それ以上にしっかりと恐怖を積み上げてくれる演出のほうが大切な気がしますね。

[映像]
・特に際立って感じたことはありません。1999年の作品でここまでのクオリティが凄いなぁ、とは思いました。

[音楽]
・特に際立って感じたことはありません。

[演技・配役]
・ラッセル役のサミュエル・L・ジャクソンさん、役柄的に残念でなりません(笑)。しかし、彼が鮫の本当の目的を知るキーマンになるので、厚みのある俳優さんを起用された意図もわかります。

[全体]
・直前に「パニック・マーケット」という2012年公開の「トンデモ」な映画を鑑賞したのですが、それよりも10年以上前の作品にも関わらず面白さの安定感を感じて、変に評価が上がりました。笑
・主要な俳優陣を有名どころで固めず、脇役にサミュエルさんを使うだけで、ここまで「観れる映画」を作っているところが素敵ですね。しかも製作の裏話的には、リアルに爆破をしたりしていて役者陣は遺書を書いていたとか。本編とは関係ないとはいえ、そういう熱い気持ちをもって製作がされているところもグッときますね。一度鑑賞して観ても良いかもしれません。ありがとうございました。

#映画 #パニックホラー #アクションホラー #鮫 #レニー・ハーリン監督 #サフロン・バロウズ #トーマス・ジェーン #サミュエル・L・ジャクソン #DEEP-BLUE-SEA #ディープ・ブルー #1999年 #古き良き映画
#全体3.4 #物語3.5 #演出3.5 #演技3.4 #配役3.4 #映像3.5 #音楽3.4

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
3104arata

3.0レニー・ハーリンらしい

2021年8月25日
Androidアプリから投稿

爆発、轟音、鮫の襲撃など、レニー・ハーリンらしい派手な造りで飽きさせませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナイトホーク
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ディープ・ブルー」シリーズ関連作品