小さな恋のメロディのレビュー・感想・評価

小さな恋のメロディ

劇場公開日 2019年6月7日
32件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

現代人こそ必見の映画!

角川シネマ有楽町で「小さな恋のメロディ」を観る。

中学生のころから、名作映画というものを山ほど観てきたが、この映画はヒットのタイミングがリアルタイムではなかったこと(ちょっと前だった)もあり、イメージ的に甘酸っぱい青春映画(というよりアイドル映画)という感じがして、ずっと観るのを避けていたのだが、今回、「卒業」を観た勢いで、初めて観に行ったが、これが、滂沱の涙😭。。。
元々涙腺が甘いので、結構映画館でもうるうる😢するのだが、この映画は観終わった後、帰りの電車でビージーズの「若葉のころ」を聴きながらうるうるが止まらない。。。
かなりオーバーではあるが、ある意味、空前絶後の映画かもしれない、このまま死ぬまで観に行かなかったら、ものすごい損だったかも、と思ってしまった。

映画としての完成度は必ずしも高くなく、前半部分はややもたもたして整理がうまくないので「やっぱりな~」と思って観ていたが、二人が待合室の中で少し離れて楽器を合奏するころから徐々に引き込まれ、一緒に手をつないで学校を出るところから(トレーシー・ハイド、マーク・レスターも素晴らしいが、やっぱり、ジャック・ワイルド!)、二人から目が離せなくなり、有名なラストシーンまで一気呵成に突っ走る!現代(いま)ではとても気恥ずかしいかもしれない、本当の意味での「ピュア」な「好き」の結晶化が、老いを感じ始めたいまの自分のこころにしっかりと入り込んで大切な宝となった気がしてならない。

あらためて思えば、「ピュア」の疾走、爆走という意味で、この映画は「卒業」と似ているかもしれないが、大人の眼としてシニカルに(冷たい目で)見られざるを得ない「卒業」の二人と違って、まさに「好き」の純粋な結晶化が、ビージーズの完璧にマッチした(「メロディ・フェア」もそうだが、やっぱり「若葉のころ」🤗)この映画は一生心に残るもの。
自分は一回の人生しか生きることができないので、過去には後悔もいろいろあるのだが、映画を観ることで違った人生を生きる「感じ」が得られる、まさにその醍醐味を味わえる映画だった。

逃避物のラストシーンとしては、この2つの映画のほかに、トム・ティクヴァの「ヘヴン」を思い出す。この3つに共通するのが、ラストシーンの逃避が、人生の深さや切なさ、儚さを思わせることかもしれない。
3つの映画とも必見であるが、今さらながら、「小さな恋のメロディ」は本当に良かった!特に、永遠の一発屋女優😅トレイシー・ハイドが可愛い😍

Nao
Naoさん / 2019年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供は走る

授業中以外はとにかく走っているイメージが強くて、子供は元気だなぁ、と。

互いの両親が放任主義に思えたりしたが、メロディの特にお婆ちゃんが孫の純粋な気持ちや訴えに真摯に向き合うような表情で。

コレ、子役の二人が可愛くなかったりハマるような顔ではないと作品の完成度も薄まっていただろう!?

"小さな恋の"って邦題が逸品で素晴らしい。

"ベンジー"の血は本作で出来ている。

万年 東一
万年 東一さん / 2019年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブームだった映画なんだね

小学生同士だが、恋する人と出会った。ずっと一緒にいたいし、結婚したい。そんな二人を結婚させようとする同級生たちと、絶対阻止しようとする先生をはじめとする大人たちの大立ち回り、という話。

実は初めて観た。
期待は、正直、大きかった。
しかし、あまりはまらず。
当時は大ブームだったと聞くが。
今観ると、適当な映画だよな。現代の御伽噺なのだろうが。
爆発のシーンなんて、「○○は△△を投げました。すると鬼たちは、みな恐れおののいて、散り散りに逃げて行くではありませんか」とでもナレーションが入りそうだった。

子供たちのほとばしるエネルギーの描き方は素晴らしい。休み時間ごとに、自分の今の年齢(60手前)にとっては怖いほどの勢いが繰り返される。そういううまさがあってこそ、御伽噺だけれど、浮いてしまわないでいられるんだろうな。

各時代に、出来とかを越えて、爆発的にヒットする映画ってのがあると思うけれど、これもそのひとつなのかな。ちょうど、海外に対する憧れみたいなものとうまく一致したんだろうな。きれいな子供とか、自由さとか、ビージーズの音楽とか。

自分は、リトルロマンスの方がはまった。当時ちょうどいい年齢だったしな。

そうか。「卒業」のレビューにも書いたのだが、この映画の頃は、紳士淑女が登場する映画ばかりで、そもそ美男でない若者が主役を務めることすらなかった時代だ。そこに、この映画を始めとする、アメリカンニューシネマが次々に現れ、一大ムーブメントになった、という時代背景だった。
映画がどうのではなく、そういう “時代の転換” を追体験するべきだったのか!
1971年公開。アメリカンニューシネマの流れを受けて「子供たちだって反抗したいこともある」という主張を映画監督がするようになったターニングポイントなのかな。

CB
CBさん / 2019年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作ですね❗️

この音楽とこの二人の主人公は今でも色褪せないというのは本当ですね。しっかりと集中して観たのは初めてです。デジタルリマスター版良かったです。多少気掛かりな点は字幕の表現が古いのと和訳が野暮ったい事ですね。せっかくの作品ですから画像だけでなく字幕の改訂は必須だと思います!
でも良さは十分に伝わってきました!

タイガー力石
タイガー力石さん / 2019年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メロディのさりげない一言が胸に突き刺さる永遠の名作

11歳のダニエルは端麗な容姿の美少年だが父親が読んでいる新聞にマッチで火をつけたり部屋でヌード写真を模写したりする微妙にませた少年。ダニエルはやんちゃな同級生トムとつるんでやりたい放題の放課後を謳歌していたが、教室でバレエの練習をしている女子達の中に可憐な少女メロディを見つけてしまい・・・からのストーリーを知らない人は令和生まれだけじゃないでしょうか。

凡そ40年ぶりの鑑賞なのでさすがに記憶が風化していてラストシーン以外は断片的な映像が脳裏に残っていた程度。それ故に初めて観るかのような新鮮さに彩られた至福の2時間弱でした。正直今の感覚からすると物語が直球過ぎるし、本作以降数多の映画やドラマで散々模倣され尽くした展開は相当古臭い。しかしそれは郷愁を容赦なく誘い、可憐さと大胆さが共存するメロディの途方もない美しさに吸い寄せられていくダニエルとまるで心臓を共有しているかのように物語に引きずり込まれ、ダニエルの焦りやトムの苛立ちと贖罪が胸の内でのたうち回る。ここまでのめり込めるのは昭和の昔に思春期を置いてきた者だけが味わえる悦楽なのかも知れません。

何もかもが美しいですが、特に墓場でのデートでメロディがダニエルに放つ一言にさめざめと泣きました。年齢をいくつ重ねてもこういう身も蓋もない恋物語に胸が灼かれます、本当に今まで生きてきてよかった。

ちなみに劇場売店的でパンフレット代わりに買ったスクリーン・アーカイブズが凄いです。半世紀前の時代を垣間見る貴重な文献の復刻ですが、ここに詰まっている写真はどれも美しいし、どの記事もキラキラと輝いています。特筆すべきは故荻昌弘先生のレビュー。半世紀前の日本語が今のそれと相当異なることにビックリするわけですが、先生は映画に興奮し過ぎてもう最初から最後まであらすじを全部書いてしまってます。ネタバレなどという言葉もなかった時代のおおらかさに眩暈がしました。

よね
よねさん / 2019年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

透明感のあるビージーズサウンドが永遠の空想を包む

110.デジタルリマスター版リバイバル。劇場で鑑賞出来るのは日本での異常人気のおかげだろう。アラン・パーカーが初めて映画に関わった作品として余りにも有名。時代を越える普遍性。英国の階級社会が垣間見える。「チェロがガタッ」このシーンが最高

movie
movieさん / 2019年6月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

みずみずしい。

今見ると意外にザツなつくりのような感じもするけれどビージーズの音楽とのシンクロが見事。それと少ないセリフながら子供達の言葉にキュンとなる。好きなんだから一緒にいたい、ただそれだけだよなー。

peanuts
peanutsさん / 2019年6月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋っていいな 若いっていいな ストーリーは普通だし特に面白くないが...

恋っていいな 若いっていいな

ストーリーは普通だし特に面白くないが音楽や雰囲気が良い。

少し卒業っぽい

コーヒー
コーヒーさん / 2019年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸キュンある年齢オンリー

もう48年前になりますね!マークレスターは来日もして!各雑誌を賑わしたものです!胸キュン映画ですね!

Kayo
Kayoさん / 2019年5月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男の子はなかなかイケメンだ。可愛いメロディ♫と流れる曲は知っていた...

男の子はなかなかイケメンだ。可愛いメロディ♫と流れる曲は知っていた。でも当の女の子メロディはさして可愛くない(笑)
とんだマセガキドラマだ。そしてラストはドタバタへ。話はさして面白い訳ではないがなぜか心に残る。なぜだ?
子どもたちが元気なところか?ずっと走ってますぜ(笑)
それともカントリー調の曲か?
わかった!友達の悪ガキが真木よう子にしか見えないからだ(笑)
本国やアメリカではヒットせず、日本では大ヒットってのが面白い。何が日本人に刺さるのか?研究テーマとなりそうですね。

はむひろみ
はむひろみさん / 2019年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度見ても。

子供の頃を思い出して何とも言えない気持ちになる。

MaK
MaKさん / 2019年3月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

思い出の作品。
子供の時に見れて良かった。

キネマ
キネマさん / 2019年3月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きな映画のひとつ

35年くらい前の古い作品。
日本だけでヒットしたんだとか?

とってもピュアな2人に心洗われた₊(ˊᵕ͙ૣᴗᵕ͙ૣˋ)ˈ·˚
全編を通して流れているビー•ジーズの曲もとっても良い♡

yupppiii
yupppiiiさん / 2018年9月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

子どもたちの恋と謀反。

「結婚しよう」
砂浜でダニーがメロディにそう言ったとき、なぜだろう、「永遠」を感じた。

僅か10歳くらいの子どもの口約束。
たぶん性欲すらまだ前提にしていない、
純粋にただ「好きな人と一緒にいたい」という願い。
思春期を迎え3年後にはもう2人は心変わりしているかもしれない。
10年後には一緒にいないかもしれない。
それでも感じたあの「永遠」。いったい何だったのだろう。

そして彼らを押さえつけてきた大人に反旗を翻し、クラスメイトたちとだけで2人が挙げた「結婚式」。
そして大人たちの反撃にクラスメイトの男の子が放った爆弾(失敗を重ねてようやく成功した)。
大人たちの追跡を振り切って手動式トロッコで駆け落ちする二人の姿。
痛快でこの上なく美しかった。

ダニーとメロディの「なぜ今結婚してはいけないの」という純粋な問いかけに、彼らを納得させるだけの答えを提示できる大人はどれだけいるのだろう。

個人的にはダニーの友人・トムの心の揺らぎや、ダニーへの想いがちょっと切なかったな。

あとメロディがとても可愛い!ダニーと一緒に彼女に恋した。

学校の教室、クラスメイトとの目配せ、秘密基地の廃墟、小さな身体で接する家族、街へのないしょのお出掛け。
子どもの世界はいつもたくさんの冒険と大人に囲われた壁に満ちている。

そしてこの映画は音楽が素敵。古きよきフォークソングテイストな挿入歌も良い。子どもたちのじゃれ合いに挿入歌が寄り添って、とても優しく美しいシーンになっていた。
特にダニーとメロディが初めて二人で墓地に行くシーンの歌が印象的。

ゆめ
ゆめさん / 2018年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

恋をするのはいけないことか

割とどこにでもいるようなおさげの少女メロディ、シャイで臆病なショタっ子ダニエル、独りっ子でやんちゃなダニエルの親友トム。バレエを踊るキミをドアの小窓から覗く。BB(少年軍)の行進から始まる。バスとリコーダーの輪唱で互いに気持ちが高揚していく名シーン。ダニエルが恋にのめり込み自分のもとからメロディにいってしまった時のトムの嫉妬。墓場の森の瑞々しさ満点のBGM「若葉のころ」とともにリンゴをかじり合う→ふたり授業サボって遊園地、海辺デート→生徒みんなで授業ボイコットして廃墟で結婚式→子供vs大人。爆弾でクルマ大破。先に続く線路を二人を乗せたトロッコが進んでいく空からのショットで幕。
子供たちのシーンだけでなく常にそこには大人がいるように、大人の想いを子供に伝えようとしている映画だなと思った。

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ピュア映像と音楽は時を越える

ピュアというものをコンセプトとした作品だということが、時代を越えて伝わってくる。
ビージーズが好きならば、その瑞々しさに涙してしまうはず。
それにしても、出演している子役たちが悉くナチュラルで、それがこの歴史的な名作を作り上げたと言っても過言ではないはず。
題材、内容は何度も繰り返されてきているので新鮮さは全くないけれど、この作品で刻まれているピュアな感情は永遠に不滅だ。

SH
SHさん / 2017年12月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

正統派青春映画

かなり前から気になっていたので鑑賞したが、純粋な青春映画を見れて心が洗われた気がする。かなり幼い小学生くらいの子供が教師に歯向かいながらも恋を貫く姿はさわやかだし、すがすがしい。個人的にはもう少しストーリーに深みが欲しかった。サントラは完璧で申し分ない。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2017年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懐かしい

心が洗われる

あおい
あおいさん / 2016年2月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メロディ・フェア

歌に関してはさすがって感じでよかった
映画の一部がMVみたいな感じ

メロディが可愛すぎた〜〜
これメロディが主役じゃないのか
原題はメロディだけど……
メロディフェアをBGMに歩くメロディが何とも言えない可愛さだった。ただ、そのままの感じでもっとメロディの性格とかを掘り下げて欲しかった。
でもこの映画は子供という存在を主人公としてるから、それだと違うのかな

オーンショーが中々イケメンだった。演技も上手いし。

それぞれ、親とか環境とか色んな事情があって、ただ、可愛い子供たちだなあと思わせないところがこの映画のミソだと思う

JYARI
JYARIさん / 2016年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほんのりと胸が熱くなる純愛映画

対象年齢・・幼児で無ければどなたでも
どんな人と見る・・カップルでも家族でも
感動・・胸が熱くなるでしょう
DVD出たら・・持ってます
他人には・・勧めます
総評・・

私がこの映画の主役の子供たちのような気持になったのは、一体いつの頃だったのだろうか?少なくても欧米よりは2~3歳遅れていたような気がする。クラスにはちょっと番を張っていた奴、冷やかす奴も。居た居たこんな奴。って薄れかけた私の頭の中から思い出を探し出して、蘇えさせてくれる。

欧米では散々な結果に終わったこの映画がなぜ日本では大ヒットしたのだろうか?
その大きな役割を果たしたのが、音楽を担当したビージーズにあるのではないかと思う。当時日本でも「マサチューセッツ」や「ラブ・サム・バーディ(この映画の挿入歌)」「獄中の手紙」等々ヒットを連発し、初来日が72年に果たしたことも大きい。「若葉のころ(ファースト・オブ・メイ)(墓地での初デート)」はキンキのドラマ主題歌にもなり、今でも多くの人がカバーしているし、日本の旅番組でも挿入歌として多く使用されている。
サントラCDも日本のみ発売され、72年の初来日ステージは急遽この曲も披露した。
のちに映画「サタディ・ナイトフィーバー」「スティン・アライブ」が全世界で大ヒットし、フィーバーという言葉が今でも使われる位の旋風を巻き起こした。
72年以降、73年、74年と立て続けに来日し89年で最後となってしまった。
2003年に三男のモーリスギブが腸閉塞で死去。
2012年に次男ロビンギブががんで死去し、事実上活動終了となってしまったからだ。

話が脱線したが、この映画のような子供の気持ちをいつまでも忘れずに持ち、死んで一緒にお墓に入ってもいつまでも仲良くしたいものだが、大人になればなるほどそんな気持ちを忘れがちになってしまうもの・・・。

映像もとても綺麗でロンドンの朝をイメージしての、イン・ザ・モーニング。
目の色が違う金魚をゲットして喜ぶ、メロディの可愛らしい姿を映し出すメロディ・フェア。
子供たちの日常学校生活を映し出すスピックス・アンド・スペックス。
墓地での若葉が美しい初デートでのファースト・オブ・メイ。
等々、綺麗な映像と美しいメロディにのせて観客を映画の中に引き込む。

トロッコに乗って二人が向かう先はどこなのであろうか。

辛口マン
辛口マンさん / 2016年2月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

32件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報