小さな恋のメロディ : 関連ニュース

メニュー

小さな恋のメロディ

劇場公開日 2019年6月7日

関連ニュース:小さな恋のメロディ

名曲とともに不朽の傑作をスクリーンで 「卒業」「小さな恋のメロディ」6月リバイバル上映(2019年4月13日)

日本公開当時に楽曲と合わせて一大ブームを巻き起こした、音楽が印象的な青春映画「卒業」の4Kデジタル修復版と、「小さな恋のメロディ」のデジタルリマスター版が、6月7日から全国公開される。名優ダスティン・ホフマンの出世作「卒業」は、将来への不安を抱えるエリート青年が、人妻と不倫の末、その娘と恋に落... 続きを読む

「ヴァレリアン」で吹き替え初挑戦のTHE ALFEE、演じたエイリアン3人組はまるで自分たち?(2018年3月22日)

結成45年を迎えるロックバンド「THE ALFEE」が、リュック・ベッソンの最新作「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」の日本語吹き替え版でグループとしては初めて声優に初挑戦。ジャンルにとらわれず新たな挑戦を続ける彼らに、話を聞いた。宇宙を舞台に、腕利きエージェントのコンビが任務の裏に隠された陰謀... 続きを読む

実力派子役が魅せる、初恋の胸の痛み ベトナムで大ヒットした青春映画の予告編完成(2017年5月19日)

ベトナム映画界の新鋭ビクター・ブー監督が、1980年代のベトナムを舞台に少年少女の青春を詩情豊かに描いた「草原に黄色い花を見つける」の予告編とポスタービジュアルが完成した。ベトナムの人気作家グエン・ニャット・アインのベストセラー小説を映画化した同作は、80年代半ばのベトナム中部の農村を舞台に、... 続きを読む

板尾創路 芸人、俳優、映画監督…「あいまいな立ち位置が心地いい」(2016年6月5日)

芸人、俳優、映画監督として才能を発揮する板尾創路が、CS映画専門チャンネル「ムービープラス」で放送中のオリジナル番組「この映画が観たい」に出演。期待にたがわぬ個性豊かな5本のお気に入り映画を通して、「衣食住、そして映画というほど人間には必要なもの」と映画への思いを熱弁し、現在の幅広い活躍ぶりに... 続きを読む

午前十時の映画祭、「ティファニーで朝食を」が動員新記録を樹立 動員&興収も昨年から大幅アップ(2016年5月17日)

4月2日から全国55館で開催されている「午前十時の映画祭7 デジタルで甦る永遠の名作」のオープニング作品「ティファニーで朝食を」「恋におちて」が、公開4週間で2作の累計観客動員数4万9115人(「ティファニーで朝食を」2万9942人、「恋におちて」1万9173人)、興行収入5259万6400円... 続きを読む

30年越し純愛を描く台湾発のラブストーリー「若葉のころ」5月28日公開(2016年3月8日)

1971年に公開された映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌として知られるビージーズの名曲に乗せて、30年越しの純愛を描く台湾発のラブストーリー「若葉のころ」が、5月28日に公開されることが決定。あわせて、日本版キービジュアルも初披露された。歌手のジョイ・チョウやバンド「Mayday」(メイデイ、... 続きを読む

DEGアワードアンバサダー前田敦子が語る「ブルーレイの魅力」(2016年3月4日)

「第8回DEGジャパン・アワード ブルーレイ大賞」授賞式(2月17日開催)でプレゼンターを務めた女優・前田敦子が、ブルーレイの魅力を映画.comに語った。「映画が大好きですから、あの場にいられることがすごく楽しかったですね」と、大役を果たした感想を語る前田。各賞に輝いた作品の中では、グランプリ... 続きを読む

江口洋介、原発を映画で描く難しさ吐露! 堤監督の勇気に最敬礼(2015年9月20日)

東野圭吾氏の小説を映画化した「天空の蜂」が公開1週間で観客動員数30万人を突破。主演の江口洋介、劇中で江口の息子を演じた田口翔大くん、堤幸彦監督は9月20日、都内でヒット御礼舞台挨拶に臨んだ。最新鋭の巨大ヘリコプターがテロリストによる遠隔操作で奪われ、原発の上空で停止するという事件が発生。息子... 続きを読む

「午前十時の映画祭」6週目の過去最高動員数を記録「ローマの休日」など上映(2015年5月27日)

4月4日から全国54スクリーンで開催されている「第三回 新・午前十時の映画祭」が、上映6週目を終えて累計観客動員5万8262人(5月15日まで)を突破した。興行収入は5604万1700円となり、一昨年と昨年の6週目の動員数を超えて過去最高記録を更新した。この記録は、「新・午前十時の映画祭」(1... 続きを読む

杉田かおる、未来の天才子役にアドバイス「私みたいにならないで」(2012年1月16日)

女優の杉田かおるが1月16日、都内で行われた鬼才ギレルモ・デル・トロ製作・脚本によるサスペンススリラー「ダーク・フェアリー」のイベント試写会に出席。同時開催されたDVD版日本語吹き替え子役のオーディションで、Jホラーの名手・鶴田法男監督らとともに審査員を務めた。「40年前の天才子役です!」と登... 続きを読む

16件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報