小さな悪の華

劇場公開日

11%
47%
37%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ボードレールの『悪の華』に耽溺し、悪の魅惑にとりつかれた十五才の二人の修道院生の数々の悪魔的な所業を描く。監督・脚本は新人ジョエル・セリア、撮影はマルセル・コンブ、音楽はドミニク・ネイが各々担当。出演は「先生」のカトリーヌ・ワグナー、ジャンヌ・グーピル、ベルナール・デランなど。

1970年製作/103分/フランス
原題:Mais Ne Nous Deliverz Pas Du Mal
配給:ヘラルド

ストーリー

修道院・寄宿学校の生徒、アンヌ(J・グーピル)とロール(C・ワグナー)は消燈の時間が来ると二人の秘かな日課を始めた。隠し持った懐中電灯の光で悪の日記を綴るのだ。ふたりは修道院での禁断の書、ボードレール、ランボー、ロートレアモンに耽溺して、悪の快楽を貪る。アンヌはバカンスに行なう“恋魔を祭る儀式”の準備に、聖杯や僧衣を盗む計画を立てた。万端整い、いよいよ待ちうけたバカンスは二人にとって悪魔的想像を実行に移す悦楽の日々だった。太陽の降りそそぐ野原で、その美しい裸身をさらして農夫をからかったり、乾草の放火、小鳥の毒殺と、狂ったように悪戯に耽った二人は、アンヌの家の森の廃屋で、悪魔に仕える儀式をとり行なった。ふたりは頭に花冠を載せ、白の薄物をまとい、知的障害者の庭番を祭司に仕立て修道院から盗んだ僧衣をあてがった。二人は互いの血を嘗め合い、さらに儀式は森の中の沼へと移った。アンヌとロールは目くばせしてとんだ役得で有頂天の庭番を沼へ突き落した。彼はあがきながら舟べりに手をかけ、ふたりを沼の中へひっばりこんだ。岸にたどりついた二人は庭番への強い復讐心をわきたたせた。そんなアンヌにも、時として人間の暖かい心がよみがえることもあった。ある夜には、通りがかりの男を誘惑したアンヌは、獣に変身した男の脳天めがけて太い薪をふりかざして、何度も何度も降落した。バカンスは終り、二人は何喰わぬ顔で修道院に戻った。原因不明の放火や殺人事件の連続を追いつづける警察はようやく事件の核心に近づこうとしていた。アンヌとロールもバカンスの行状を問われた。怜悧なアンヌは、すべてをさとり、警部に修道院で行なわれる学芸会の招待状を贈った。学芸会の幕があがり、舞台にふたりの少女がすっくと立った。詩を朗読しながら、アンヌとロールは自分達の衣服にガソリンをふりかけ、ゆっくりとマッチを擦って点火した。悪魔に加担したアンヌとロールは、生命の本源的な輝きに満ちて充分に美しかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

5.0パンク

2015年7月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最初のシーンから最後のシーンまで無駄なシーンは一切無かったと言えるくらいの傑作。
こういう破滅しちゃう映画が好きな私には
超よかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タテスジコ

4.5各国上映禁止の問題作

桔梗Fさん
2013年11月26日
Androidアプリから投稿

怖い

知的

この映画と変態だったころ(笑)のピーター・ジャクソン監督の『乙女の祈り』(アメリカ 1994)には共通点がある。
それは、どちらも1954年に起こったある事件が元ネタなのであるΣ(゚Д゚)
※未見の方のためネタバレ防止で詳細は控えます

して、本作はフランスで製作されたが、あまりに淫靡で背徳的、反カトリックな内容だったため本国フランスはおろかヨーロッパ全域で上映禁止されたぶっ飛び!問題作なのである(;゚Д゚i|!)
※上映されたのは日本と米国だけ(-_-;)

あらすじはボードレールの詩集『悪の華』に傾倒する二人の女子中学生が、おちゃめなイタズラ(おちゃめどころではないが(-_-;))を重ねて行き、ついに取り返しのつかない…(T-T)

上映禁止というくらいだから凄い極悪エログロなど想像しがちだが、本作はそこら辺の描写が激しいわけではない。

ただ40年前に女子中学生が主人公でこれでもか!と言わんばかりの背徳と反カトリック行為が問題視されたようで…
あと、女子中学生のチチやアンダーヘアーも丸見えなのもまずかったか(^-^;

『乙女の祈り』の方は実際の事件をほぼ忠実に描いており、そこにP.ジャクソン監督流の脚色と妄想世界の特撮をうまく織り交ぜて作っている(^^)
妄想世界の撮影は『テラビシアにかける橋』のようなファンタジー風に(*^^*)でも、内容は極悪(..)

本作はラストも展開もまったく事件とは異なるが、主演二人の悪徳っぷりを幻想的に表現。フレンチ映画にありがちな行間を読むような映画。同じくこちらも極悪(;_;)

内容は観てのお楽しみだが、ラストの学芸会での「悪の華」の斉唱は圧巻Σ(゚Д゚)鳥肌ものです…

ちなみに講談社から発売されている
『惡の華』(押見修三)という変態中学生の男女+1が変態行為を重ねていく素敵な変態マンガ(当然、愛読(笑))があるが、元ネタはこの映画かなと思ってる(^^)

極悪内容だが、映画の出来は傑作と言ってもよいので、『乙女の祈り』(ケイト・ウィンスレットの衝撃デビュー作でもある)と合わせてどうぞ(^^)d

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
桔梗F
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る