大アマゾンの半魚人

劇場公開日

17%
33%
33%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウィリアム・アランド製作、ジャック・アーノルド監督になる空想怪奇映画1954年作品。モーリス・ジムの原作を「地獄の狼」のハリー・エセックスとアーサー・ロスが脚色した。撮影は「第二の機会」のウィリアム・E・スナイダー、音楽は「サスカチワンの狼火」のジョセフ・ガーシェンソンの担当。「偽りの花園」のリチャード・カールソン、「ミシシッピの賭博師」のジュリア・アダムス、「ネヴァダ決死隊」のリチャード・デニング、「サスカチワンの狼火」のアントニオ・モレノ、ネスター・ペイヴァなどが出演。立体、平面の2版があるが本邦公開は平面版である。

1954年製作/79分/アメリカ
原題:Creature from the Black Lagoon
配給:ユニヴァーサル日本支社

ストーリー

有名な地理学者カール・マイアはアマゾン河沿岸のジャングル地帯で指に水かきのある化石化した手を発見、知らせをうけてデイヴィド・リード博士(リチャード・カールソン)、マーク・ウィリアムス博士、研究助手でリードの許婚ケイ(ジュリア・アダムス)などは探検隊をつくって現地に赴いた。一行が近くの“黒い入江”を調査中、古代の遺物を思わせる半人半魚のギル・マンが網にかかり、大暴れして爪を残して逃げ去った。怪しい生物の存在が明らかになったので、一行は更に調査をつづけ、水かげから突如現れたギル・マンをリードが写真に撮そうとしたが、ウィリアムがを功をあせってもりを射ったため失敗におわった。傷をうけたギル・マンは怒って乗組員の1人を殺したので、リードは甲板上に水槽をつくり、木の根からとった毒薬を湖中に流してギル・マンを捕えようとした。ギル・マンは船をおそってケイを抱き、水に入ろうとするところを毒が回って捕らえられ、水槽に入れられた。しかし、毒がさめると物凄い力で水槽を破壊して逃げてしまった。リードは、これ以上の危険をさけるため調査打切を提唱した。船がアマゾン河本流に合するせまい入口に来たとき、流れに横たわった樹木が邪魔になって通れなくなっていた。樹を除く作業はギル・マンの妨害にあい、更にケイが奪われた。水中に後を追ったリードは一行の助けをえて岩棚の上で気を失っているケイを助け出すことができた。傷ついたギル・マンは水中深く去って行った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.5SFファンなら絶対に観ていなければなりません

あき240さん
2020年9月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1954年公開
1950年年代はSF映画が盛んでした
ざっと思いだすだけで以下のような珠玉の名作があります

地球の静止する日は1951年、
遊星よりの物体Xも1951年
宇宙戦争は1953年、
禁断の惑星は1956年、
ボディスナッチャーも1956年
蝿男の恐怖は1958年、

どれもこれもSFファンであるなら絶対観ておかなければならない作品ばかり
基本中の基本と言って良い
本作もこの一角に連なる名作です
つまりSFファンならマストです

まず半魚人というモンスターを登場させる理屈付けが、思いの外SF風味が強く、アマゾンの奥地には謎の怪物がいるのだというような雑な作りでないのが嬉しい

そしてもちろんクリーチャーの造形が圧倒的に素晴らしい
そもそもモンスターにクリーチャーという呼び方が付いたのは本作からでは無いでしょうか?
その造形はウルトラQ やウルトラマンで独創的な怪獣をデザインした成田亨の作品にも匹敵、いや彼が凌駕しようとした目標であったかも知れない
それ程の永遠の生命を持つ造形です

この半魚人をデザインしたのは女性デザイナーのミリセント・パトリック
製作当時44歳、イタリア貴族の末裔で世が世なら男爵ご令嬢という
メイキングを観るとなかなかの美貌です
社交性もありそうで、パブリシティーでも活躍したといいます

美術学校卒、ディズニーでアニメーターをしていたとか
戦後にユニバーサルの美術部門に移籍したとのこと
つまり大変に実力があったということだと思います
どおりでメイキングに彼女が半魚人を描いている映像がありましたが、そこに写るイラストはなかなかの画力でした
翌年の「宇宙水爆戦」のメタルーナミュータント、エグゼターのデザインもノンクレジットながら彼女の作品とのこと
このミュータントのビジュアルもSF界では超有名なもので、本作の半魚人と併せて、クリーチャーの金字塔を二つながらに彼女が描いているのです

そしてそのデザイン画を忠実に造形したユニバーサルの美術陣の実力の凄さ!
いくらデザイン画が優れていても、実物の製作が適当な仕事なら台無しです

それが見事にデザイン画そのものどおりに出来ているのです
当然スーツアクター身体のサイズに合わせて
それも水中演技者用と陸上撮影演技者用の二つ
微妙に違っているらしいですが、観ている限り分かりません

物語は基本オペラ座の怪人です
美女に恋した醜い怪人が彼女を自分の神殿に攫うという基本構造は同じです

水面を泳ぐ彼女を、半魚人が水中で上を向いて見上げつつ彼女の泳ぎに合わせて泳ぐ姿は、離れていても、美女と野獣の二人だけの舞踏会のようでもあります

ヒロインは割合と知的そうな顔付きながら、大きく突きだした胸、大きく張った腰、雄大な尻を持つ女性です
この肉感的なヒロインが、当時にしては露出の多い水着を着て泳ぐシーンは、エロチックですらあります

監督は意図的にそうしたのだろうと思います
半魚人との二人だけ舞踏会は、セックスの暗喩でもあるのだと思います

醜い男の美女への満たされない憧れが、半魚人という怪人の行動に見事に投影されています

そして隠されたテーマ性も先進的です
アマゾンの楽園であるブラックラグーンが、人間により環境破壊されたことへの半魚人の抗議でもあるのです

SFファンなら絶対に観ていなければなりません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5デルトロ新作に合わせて視聴。

2018年2月15日
iPhoneアプリから投稿

‪「大アマゾンの半魚人」鑑賞。
半魚人(ギルマン)の造形は現代の目で見ても素晴らしい。
この造形で華麗な水中遊泳もやってのけるから驚かされる。

特撮として興味深いだけでなく、人間の女性に恋した亜人の悲劇として見ても切なかった。
最期に何度も銃で撃たれ、傷ついたギルマンが沈んでいくショットはなんとも物悲しい。

‪デルトロがシェイプ・オブ・ウォーターを作りたくなるのも頷ける。‬

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョイ☮ JOY86式。
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「半魚人」シリーズ関連作品