007/死ぬのは奴らだのレビュー・感想・評価

007/死ぬのは奴らだ

劇場公開日 1973年7月14日
7件を表示 映画レビューを書く

本作があったから21世紀まで続けていけるコンテンツに本シリーズはなり得たのだ

前作ダイヤモンドは永遠にでシリーズをリセットして人気シリーズを終了の危機から救いだしたのだが、結局前々作の女王陛下の007と同じ出発点に戻っただけとも言える
ではどうするのか?の難問への回答が本作であった
そして、それは観ての通り大正解であった

その答えとは
一つ目は時代の変化へ対応
つまり60年代の価値観で作られて来たこのシリーズを如何に70年代の新しい時代に適応させるか
この回答をしなければ時代遅れのシリーズということが決定的になる
逆に言うとその答えを出せれば、シリーズをこれからも長く制作していけるという訳だ
だからポールマッカートニーとウイングスのロックの主題歌にしたのだ
ヒッチコックでいうところのマクガフィンもゴールドでもダイヤモンドでもなく麻薬になる
黒人運動の盛り上がり、黒人音楽の全世界的流行
NYハーレムの黒人スラム化、さらには中南米ことにプエルトリコからの難民がNYに押し寄せていた
そして米国中に麻薬中毒が蔓延していた
実際、当時は低予算でも黒人が詰めかける黒人向けのアクション娯楽映画が大ヒットを連発していたのだ
オカルトの流行もあった
若者向け原作を選定しベースにして、これらのモチーフをかき混ぜてできたのが本作というわけだ
結果として見事に70年代の空気をまとった007の物語が出来たわけだ

コネリーはやはり戻ってこなかった
レーゼンビーを呼び戻す案もあったろうが、彼にはボンドとしての品と落ち着きが無かった
本作から起用されたロジャー・ムーアの方が断然良いのは明らかだ
実際にはムーアはコネリーよりも3歳年上とのことだが、見た目の若さがある
その上ユーモアのセンスというか雰囲気が漂っているのが良い

ボンドガールのジェーン・シーモア、黒人向けアクション娯楽映画の傑作110番交差点で存在感を示したヤフェット・コットーらの脇役陣の配役も素晴らしい
空気感が70年代のそれになった

ペッパー保安官が暗くなりすぎないように見事にバランスを取る役割を果たしておりこれも見事な仕事ぶり
(ピンクレディのペッパー警部は彼から来てるのかも?)

二つ目は偉大なるマンネリの肯定
物語の基本構成は過去の作品でうけたシーンをそのまま再構成して基本骨格はマンネリで良いとしたこと
アクションならその切り口を変えれば良いし
敵の殺し屋も新しいキャラクターを出せば良い
ポイントは観客が期待しているものを必ず出す
しかもその上を行く度肝を抜く強烈さでやれば間違い無しに受ける勝利の方程式を照れずに真面目にやることだ

観客の観たいものを観せる
NYのハーレム、ニューオーリンズのジャズ葬式はそれだ

セスナと自動車の追跡シーン、有名なモーターボートの追跡シーンは観客の想像の上を行く凄さ

ブードー教の生け贄シーンや鮫のジーンはスピルバーグによって後年、魔宮の伝説、ジョーズでそのモチーフをオマージュされているほどだ

お約束のラストシーンもこうなると分かっていても、それが良い!偉大なるマンネリに正攻法で真正面から取り組んでおり、その潔さがまた満足感に繋がっている

正にプロフェッショナルが考え抜いて作り上げた娯楽映画の傑作だ
本作があったから21世紀まで続けていけるコンテンツに本シリーズはなり得たのだ

あき240
あき240さん / 2019年3月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8作目の悪役は全員黒人

・3代目ジェームスボンドは軽妙で女たらしのロジャームーアが初登場
・強力磁石の腕時計に何かと頼りすぎ
・ブードゥ教の怪しい踊りや儀式
・飛行機や車や船がとにかくぶっ壊れたり爆発音爆破シーンの派手な印象しかない

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンタジー

スパイ映画というよりもファンタジー映画に近くなっているような感じでした。ロジャームーアがかっこよかったので全体的にはいい感じでしたが、途中のバカ長いボートのシーンは必要なかったような気がします。

だっぴゃ星人
だっぴゃ星人さん / 2018年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

路線変更の007。

新しいボンド役に、ソフトな口当たりのする英国紳士のロジャー・ムーアが起用されると、本シリーズもシリアス路線からコミカル路線へと一気にイメチェンして行ったと思われるシリーズ第8弾。
現在公開中の『スペクター』の軽妙酒脱で女たらしなボンド像は、このムーアのイメージに近いと個人的に思いますね。
また劇中では気味の悪いブードゥー教の儀式が行われていたりと、この頃ブームだったオカルト映画の影響が、そこはかとなく感じられました。
でも何と言ってもポール・マッカートニー&ウイングスによる主題歌のカッコ良さにシビレた。
本作でコメディリリーフの役割を担うペッパー保安官は、全くいらない不要なキャラだったと今でも思うんだけどなあ。

2015年12月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記憶に残らない

ロジャー・ムーアはとても良いボンドです。セクシー、ユニーク、そして、ハンサム。ジェームズ・ボンドという名がふさわしい俳優だと思います。

しかし、初のムーアボンド作品は……酷い。
話に重みがまるで無いのです。本当にスパイ映画かと疑うほどに、何も無いです。敵もインパクト皆無。ただドタバタと話が進み、クライマックスも無く、テンポが悪いです。結果、記憶に何も残らない映画となってしまいました。
ボンドガールのジェーン・シーモアも美しいのに……彼女のキャラがパッとしなくて本当に残念。全体的に無理矢理感が…。
記憶に残ったのはポール・マッカートニーの主題歌だけですね。

ロジャー・ムーアのボンドは見物だけど、これはハズレでした。前作の「女王陛下の007」が名作だっただけに本当に残念です。

あむのす
あむのすさん / 2015年11月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

八作目 ロジャー・ムーア登場

総合65点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:70点|音楽:70点 )

 近作からロジャー・ムーアになって、何があっても慌てず騒がず軽い減らず口や冗談でいなしてかわしていくようになる。コネリーが持っていた渋みが失せたという声も多いが、私はムーアのこのような軽いボンドも好きである。
 内容はかなり喜劇色が強くなっていて、とにかく派手に車や船を壊しまくり、それで地元の陽気で頭の弱そうな警察がきりきり舞いさせられるというかなり馬鹿げた寸劇もあって、従来のボンド映画らしくない部分もある。でもこれもムーア路線には合っているとも思う。飛行機・車・船・鰐・鮫と忙しく立ち回り、内容は薄いが気楽に馬鹿騒ぎを楽しめる。

Cape God
Cape Godさん / 2015年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Live and Let Die ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『007』シリーズ8作目
『死ぬのは奴らだ』

3代目ジェームズ・ボンド役はロジャー・ムーア

監督は『ゴールドフィンガー』『ダイアモンドは永遠に』のガイ・ハミルトン。

ロジャー・ムーアになってからの007はコミカルで、どこか軽い感じに。

本作なんかは特に軽い。
そしていらないシーンが多すぎてテンポが悪い。

さらに
わざとなのかはわからないが、悪役を全員黒人にするのはどうかと思う。どうしてもそうしたいなら、せめてその時代以降するべきだ。

自分は
ロジャー・ムーアの記念すべき1作目はヒドい出来になっていると思うので2.0

もん
もんさん / 2013年3月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報