「煙の重さのように、本作を見た後と前では何かが違っている」スモーク カメさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「スモーク」 > レビュー > カメさんのレビュー
メニュー

スモーク

劇場公開日 2016年12月17日
全36件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

煙の重さのように、本作を見た後と前では何かが違っている

個人評価:4.4
男たちが語り合う最中には、常にシガーが登場し、美味しそうに燻らしている。
物語の冒頭に語られた、煙にも重さがあるという小話。吸い終わった吸殻と最初のシガーとの重さの差が煙の重さだと。
それを比喩するように、男達が話す会話劇があり、なんでもない小話だが、それを聞いた後と前とでは、少しだけ気持ちや考え方が変わっている。目には見えない違いだが、まるで煙の重さのように。
ある煙草店を中心に集まった人達の群像劇を、とても鋭く、そして見逃してしまうような出来事を繊細に描いている。
素晴らしく綺麗で優しく、人間の本質を捉えた作品であると感じる。

カメ
さん / 2019年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報