劇場公開日 1987年4月18日

「想い出を美化して刷り込むのは生きる知恵なのか?」スタンド・バイ・ミー アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

4.0153
39%
50%
10%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

1.0想い出を美化して刷り込むのは生きる知恵なのか?

2018年12月20日
PCから投稿

どう考えても楽しい思い出じゃないし、親友でもない。
泥棒教師に罪をなすりつけられた貧乏優等生。
兄が死んで父親にお前が死んだら良かったと言われた自閉の物書き子供。
あと、変な子供二人加えて四人で死体を探しに丸二日。
線路を歩いて汽車に轢かれかけて、川でヒルにキンタマに噛みつかれる。
楽しいか?
物書き以外は死んだのね?
生きていくために、良い思い出に、いつまでもスタンバイミー
そばにいて欲しい、思い出として、二日だけの親友。
いつか幸せになれるなら、そんな記憶のすり替えも有りかもしれないけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン
「スタンド・バイ・ミー」のレビューを書く 「スタンド・バイ・ミー」のレビュー一覧へ(全153件)
「スタンド・バイ・ミー」の作品トップへ