スウィート ヒアアフター

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
スウィート ヒアアフター
14%
50%
36%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カナダのアトム・エゴヤン監督が、1997年・第50回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したヒューマンドラマ。ラッセル・バンクスの小説「この世を離れて」を原作に、童話「ハメルンの笛ふき」のエッセンスを取り入れ、スクールバス転落事故の遺族たちの“その後”を独特の美学で描き出す。雪に覆われた小さな田舎町でスクールバスが湖に転落し、20人以上の子どもたちが犠牲となった。町にやって来た弁護士スティーブンスは子どもを亡くした親たちの怒りを煽り立て、集団訴訟を起こすよう彼らを説得する。スティーブンスが彼らと話す中で、町の人々の複雑な関係と隠された秘密が明らかになる。やがて、生き残った少女ニコールの証言により、事態は思わぬ方向へと展開していく。「エイリアン」のイアン・ホルムが弁護士スティーブンス、後に「死ぬまでにしたい10のこと」などに出演するサラ・ポーリーが少女ニコールを演じた。

1997年製作/110分/カナダ
原題:The Sweet Hereafter
配給:KUZUIエンタープライズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ アトム・エゴヤン
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 アトム・エゴヤン

出品

コンペティション部門
出品作品 アトム・エゴヤン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.0静かなる緊張

2021年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

カンヌ・グランプリ受賞作。
ハーメルンの笛吹がモチーフになっている。

子どもが犠牲となった事故、その後の訴訟。
 街の中の、それなりの関係性が崩壊し、それでもの関係性が築かれて、日常が続く。それぞれの心に痛みを残しながら。
 そして、その訴訟をたきつける弁護士と娘の話。こちらも、心に痛みを残しながら。

事故の原因は何かのなぞ解きを求めるともやもや。
事故と訴訟を通して、それぞれの心の動きを丁寧につづった映画。

それぞれの”楽園”にたどり着けたのか?それぞれの”楽園”とはどういう場だったのか?

鑑賞するたびに違った思いにかられる。

悲しみに満ちた物語。
曇天と雪に覆われた、水面下の動きを、静かに静かにあぶりだす。

時間軸が交差し、人の心の樹海に迷い込んだような展開で、置いてきぼりにされることも。
それでも、景色、調度の美しさとともに、
シーンごとにじっくりと見せてくれる、ホルム氏を始めとする役者たちの繊細な演技に、いつの間にかのめりこんでしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

3.0人の心と闇、そして社会

2021年2月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

※原作『この世を離れて』未読

スクールバスの事故で22人の子供が犠牲になり、責任の所在を追求しようと立ち上がった弁護士。遺族らを説得し訴訟を起こす準備を進めるが、生き証人の思いもよらぬ証言が事態を変えていく。

人は誰も闇を抱えていて、この閉鎖的な町ではそれらが絶妙なバランスで成り立っている。見えないルールによって人々は生かされているのだ。
…という世界観。かな?

全体的にのっぺり展開するし、ちょっとわかりにくい描写が多かった印象。
時間軸の交錯も、不必要に差し込み過ぎて特に前半はどの時点を切り取っているのかわかりにくい。

内容も特に面白いストーリーでもないし、映画としては退屈だったな…。あとから小説原作と知ったけど、文字情報の方がニコールの内面に近付けるかもしれないので、小説なら面白いかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まりぽっさ

4.0答えのない日常を静かに過剰に格好つけて

SHさん
2021年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

見終わった瞬間は、随分カッコつけた映画だなーという印象だったけれど、よくよく考えてみると、ただ単に変わりない日常を行きたかっただけなのに・・・という強い思いがひしひしと伝わってくるような気がしました。
個人的な出来事と集団的な出来事が並行していく物語には、見た目のつながりが全く見えないため、ちょっとした違和感を持つし、単なる映像遊技のようにしか思えなかったのですけれど、作品の締め方をかみしめると、漠然としたつながりが見え、なかなか味わい深いものでした。
現実世界で特異な事を目の当たりにすると、どうしてもそれを利用したくなる衝動に駆られてしまいますが、その事の当事者にとってみれば、無かったことにしたいという場合も意外とあるような気がしました。
派手さはないしろ、良作だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

4.5おとぎ話が現実とシンクロする時に起こる歪み

Chemyさん
2012年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chemy
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「スウィート ヒアアフター」以外にこんな作品をCheck-inしています。