シンシナティキッド

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
36%
40%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

リチャード・ジェサップの同名小説を、リング・ラードナー・ジュニアと、「博士の異常な愛情」のテリー・サザーンが共同で脚色、「スリルのすべて」のノーマン・ジュイソンが監督したギャンブラーのドラマ。撮影は「36時間」のフィリップ・ラスロップ、音楽は「泥棒を消せ」のラロ・シフリンが担当した。出演は「大脱走」のスティーヴ・マックィーン、「シャイアン」のカール・マルデン、「テスト・ハネムーン」のチューズデイ・ウェルド、ほかにリップ・トーン、ジョーン・ブロンデル、ジェフ・コーリーなど。「いそしぎ」のマーティン・ランソホフが製作した。

1965年製作/アメリカ
原題:The Cincinnati Kid
配給:MGM

ストーリー

シンシナティ・キッド(スティーヴ・マックィーン)は渡り者の賭博師。ニューオーリンズの町の小さな賭け金稼ぎに嫌気がさしたころ、ポーカーの名人ランシー(エドワード・G・ロビンソン)がやって来た。キッドはいつか、ランシーと手合わせを、と考えていたので、この社会の長老格シューター(カール・マルデン)にその機会を頼んだ。シューターはかつて血気の勝負師、キッドの自信過剰をたしなめたが結局、2人は対戦した。さて、キッドにはクリスチャン(チューズデイ・ウェルド)という情婦があった。彼女はキッドを深く愛している。が、彼女はもっと安定した生活、家庭、そして子供たちを欲していた。キッドの方は、彼女を愛してはいたが、シューターの妻メルバ(アン・マーグレット)に求められ、その魅力にとりつかれるような、曖昧さも持っていた。大手合わせは全国から人を集めて大きな興奮のうちにスタート。1人ずつ脱落して最後に残ったランシーとキッドの決戦--。キッドは敗れた。完全に孤独だった。だがクリスチャンだけが、彼を暖かく迎えた。彼女は彼が勝ったのか負けたのかも知らなかった。賭博師の女の、暗黙のルールで、カードのことに関しては一切係らないのだ。彼が文なしだとわかると、彼女は持ち金のすべてを彼に渡した。12ドル。キッドに生気がよみがえる。いつもの元気な様子で、じっと見守った。クリスチャンに背を向けながらいう「アパートに帰ってろよ。そこで会おう。」

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0ジグソーパズルのピースを削って強引にはめる女。ずるい女、ばいばいありがとう、さようおなら。

kossyさん
2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5とにかくマックイーンがカッコイイ

2020年1月13日
スマートフォンから投稿

知的

映画が大人が観るものだった時代の、いい映画。終わり方もいい。昨今の子供向けな分かりやすい展開(安直な感動、よくできた起承転結、ドンデン返し、伏線回収、CG…)は無いので、頭の悪い人や、子供には低評価になるでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

4.5痺れました、カッコイいい!

あき240さん
2018年7月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

マックイーン正にはまり役
彼の魅力が全開
ポーカーフェイスだから無表情
というかもとから無表情
しかし物凄い顔演技なんだ
ここが素晴らしい

緊張感みなぎる演出、顔演技
たまりません
女はすっこんでろ的内容かと思いきや、女優陣の見せ場もたっぷり
それがまたお話と主人公の造に立体感を与えいる
ポーカーフェイスだから無表情
というかもとから無表情
しかし物凄い顔演技なんだ
素晴らしい

何度か登場する靴磨きの黒人少年、ラストシーンにも出てきて、キッドに勝つ
で、キッドにいつも言われてる、年季が足りないな、という台詞を逆にいわれてしまう
言われてから気がつく
ザ・マンからすれば自分もこの黒人少年と同じだと悟るんだね
だから待っていた彼女を素直に迎えられた
いいラストシーン

で、そこにレイチャールズの主題歌!
あまりの格好良さに鳥肌立ちそうだった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.0退屈な はなしでした

退屈な はなしでした。 ポーカー賭博の映画なので、 どんな駆け引きや頭脳戦が繰り広げられるのかと期待していたのですが、 何もありませんでした。 シンシナティ・キッドがポーカーしたり、 恋人と過ごしたりするだけの はなしでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シンシナティキッド」以外にこんな作品をCheck-inしています。