真実の瞬間
ホーム > 作品情報 > 映画「真実の瞬間」
メニュー

真実の瞬間

劇場公開日

解説

「シシリーの黒い霧」のフランチェスコ・ロージが脚本・監督した彼にとって初めてのカラー作品。撮影は「挑戦」以来ロージの全作品を手がけている故ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ、音楽は「シシリーの黒い霧」のピエロ・ピッチオーニが担当。出演は現に闘牛士として人気の絶頂にあるミゲル・マテオ・ミゲランをはじめ大部分が素人である。俳優としてはリンダ・クリスチャンが特別出演している。製作は「81/2」のアンジェロ・リッツォーリ。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

復活祭を数日後に控えた聖週間の行事にスペインの町々は浮かれたっていた。大寺院のまわりは群衆でうずまり、通りに面した家々の戸口は花で飾られ、ベランダには人が鈴なりであった。三月末に行われるこの行事は、闘牛シーズンの始まりを告げる祭りでもあった。真紅なけしの花とわずかな緑の樹木以外はすべて黄褐色という南部農村地帯は大地主が権力をふるい、農民の生活はみじめだった。貧農の息子たちはそんな生活を嫌って職と夢を求めて北部の都市に出ていった。ミゲル(M・M・ミゲラン)もその一人で、バルセロナに出て来たものの、フランコ独裁政権下の都市労働者の生活は想像以上に悪く、絶えず失業の恐怖におびやかされていた。だから彼はてっとりばやく金が儲かる仕事の闘牛士になろうと決心し、養成所の門をたたいた。老闘牛士ペドルーチョ(P・B・ペドルーチョ)はミゲルの才能を認め熱心に稽古をつけた。彼はめきめき腕を上げ、ついにマドリッドの闘牛場でその腕前を見せる時が来た。スペイン一の興行師ドン・ホセ(J・G・セビラーノ)も観客の中にいた。ミゲルは余裕を持って猛り狂う黒牛を倒した。そして夢にまで見た正式の闘牛士として認められたのだった。それからのミゲルの生活は華美をきわめた。しかし強行スケジュールによる体の疲労がひどく、ある雨の日の試合で初めて敗北を喫した。恐怖に襲われた彼はついに引退を考えたが、興行師はミゲルの傷より契約の破棄を心配し、彼に試合を強行させた。また旅が始まった。しかし自分の意志通りに行かない闘牛士生活に堪えがたい重味を感じはじめていた彼は、ある日、彼の技倆をもってすれば当然さけられるはずの牛の一撃で、その短かい一生を終えたのだった。...

作品データ

原題 Il Momento Della Verita
製作年 1965年
製作国 イタリア
配給 東和=ATG

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • 作品そして記録として尊いもの スペインの闘牛というものを克明に描ききっており、闘牛とはどんなものなのかこれを見れば一目瞭然、これを超える“説明”は皆無に等しいように思ってしまった。 古典的なストーリー展開ではあるけれど、丁寧... ...続きを読む

    SH SHさん  2018年5月19日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「真実の瞬間」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi