紳士協定

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
23%
54%
23%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

反ユダヤ主義に対して果敢な挑戦を行なったジャーナリストの姿を通し、アメリカ社会の恥部を描く。1947年度アカデミー作品賞、監督賞、助演女優賞(セレステ・ホルム)を受賞。製作はダリル・F・ザナック、監督は「ラスト・タイクーン」のエリア・カザン、原作はローラ・Z・ホブスン、脚本はモス・ハート、撮影はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当。出演はグレゴリー・ペック、ドロシー・マクガイア、ジョン・ガーフィールド、セレステ・ホルムなど。

1947年製作/アメリカ
原題:Gentleman's Agreement
配給:東宝東和

ストーリー

妻に先立たれ、幼い息子トミー(ディーン・ストックウェル)と老いた母(アン・リヴェール)との暮らしが続く人気ライターのフィリップ、通称フィル(グレゴリー・ペック)は、週刊スミスの編集長ミニフィ(アルバート・デカー)の招きでカリフォルニアからニューヨークに移り、早速反ユダヤ主義の記事を依頼された。この記事の発案者は、ミニフィの姪キャシー(ドロシー・マグワイア)で、フィルは彼女に心を動かされる。ともかく今回の仕事は厄介だった。幼馴染みでユダヤ人のデヴィッド(ジョン・ガーフィールド)に相談しようかとさえ悩んだ末、フィルは自分自身でユダヤ人になり切ることにする。社の幹部との昼食会で、ユダヤ人だと名乗ったため、噂はあっと言う間に広まった。真実を知っているのは、母、トミー、ミニフィ、キャシーだけだ。フィルの秘書も実はユダヤ人だが、それが知れると雇ってもらえなかったとフィルに告白する。フィルがユダヤ人と知ると、人々は急によそよそしくなる。そんなおり、社の同僚のアン(セレステ・ホルム)のパーティに出席し、フィルはキャシーに求婚する。そしてキャシーはフィルを姉ジェーン(ジェーン・ワイアット)に紹介するため、コネチカットの家を訪れたりしていると、デヴィッドが帰国。彼をユダヤ人だからと罵ったり、フィル達のハネムーン先のホテルがユダヤ人を理由にキャンセルしたりと、現実にこの問題は大変根深かった。このことがこじれ、フィルとキャシーの間にも溝ができた。そしてようやくフィルの記事が発表された。内容の素晴らしさが評価されると共に、実はユダヤ人でなかったとフィルに対する見方も変わる。差別や偏見に目をそむけていたキャシーは、デヴィッドに悩みを打ち明け、彼の助言でフィルとやり直しを決意。デヴィッドもコネチカットの山荘をかりて人生をやり直す決心をした。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第5回 ゴールデングローブ賞(1948年)

受賞

作品賞  
最優秀助演女優賞 セレステ・ホルム
最優秀監督賞 エリア・カザン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0理想と正義に燃えていたアメリカがフィルムのなかにある

あき240さん
2018年5月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

理想と正義に燃えていたアメリカがフィルムのなかにある
劇中で、来世紀には……との希望に満ちた台詞がある

来世紀になった今この映画を観て振り返れば、70年後の姿は、夢と理想は揉みくちゃにされて薄汚れてしまい、現実の姿に打ち砕かれ打ちのめされてしまっている
そこには皮肉にも醜く歪んで達成された世界が絶望的に広がっている

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5社会派だったんだ

2014年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

難しい

前知識なしで観て、社会派作品だと初めて知ったよ。
反ユダヤとか俺には分からない。
だが、観ているうちに「差別」に対する憤りがこみ上げてきた。
同時にエリア・カザン監督が映画というメディアをプロパガンダに堂々と利用してみせたことが恐ろしくも感じた。
俺は映画に感化されやすいみたいだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ともきち

3.5奇麗事過ぎる気もするが、この時代にこの主題を取り上げたのはやはり立派

Cape Godさん
2013年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

難しい

総合:70点
ストーリー: 70
キャスト: 70
演出: 60
ビジュアル: 60
音楽: 60

 ユダヤ人の後は黒人、ヒスパニック、アジア人と次々に差別問題が出てくるのだが、それでもこんな時代にとにかく差別ということををいち早く正面から取り上げたのは評価できる。
 子供が虐められる場面とかユダヤ人の秘書やデイブが露骨に直接差別される場面が少ないとか、差別問題を取り扱いつつもあまりきつい表現を見せないようにしている。レストランで酔っ払いにからまれるデイブなど例外はあるものの、主に差別されるのはユダヤ人のふりをしたグリゴリー・ペック。そのあたりの物語や演出は全体におとなしめで、過激な場面を少なくして視聴者の気分を害さないようにしたのか配慮が感じられる。これも1947年という時代のせいだろうか。
 差別を正面きってする人は少なくなっているものの、やはり暗黙の了解で目に見えにくい差別は存在する。差別を見逃すのも偽善というのはよくわかる。しかしそれが自分に直接関わってくると、人のために自分を犠牲にして戦うという覚悟がいるわけで簡単ではない。デイブではないが日本でも外国人がアパートを見つけるのは簡単ではないと聞く。映画の内容は教科書どおりの主張で奇麗事に聞こえすぎる部分もある。それでもやはりこの時代にこんな主題を取り上げただけでも充分に立派。日本では琉球人問題も同和問題も在日朝鮮人問題もこの時代の映画に取り上げたことはなかったのではないか。人種の坩堝で差別が多いと言われるアメリカだが、その問題にいち早く気がつき進んで取り組んだのもアメリカかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る