新学期 操行ゼロ
ホーム > 作品情報 > 映画「新学期 操行ゼロ」
メニュー

新学期 操行ゼロ

劇場公開日

解説

詩的な映像表現と才気に満ちた4本の作品を遺し、29歳の若さでこの世を去ったフランスの伝説的映画作家ジャン・ビゴが28歳の時に手がけた監督第3作。フランスの全寮制中学。教師たちは規則で生徒たちを抑えつけ管理しようとする。ついに我慢の限界に達した生徒たちは、自由を求めて“革命”を起こす。そのスキャンダラスな内容から12年近く公開禁止となった。日本では1976年にフランス映画社配給で劇場公開。2018年12月、ビゴ監督の唯一の長編「アタラント号」4Kレストア版の劇場公開と同時公開。

スタッフ

監督
製作
ジャック・ルイ=ヌネーズ
脚本
ジャン・ビゴ
撮影
ボリス・カウフマン
美術
アンリ・シュトルク
編集
ジャン・ビゴ
音楽
モーリス・ジョーベール

作品データ

原題 Zero de conduite
製作年 1933年
製作国 フランス
配給 アイ・ヴィー・シー
日本初公開 1976年8月14日
上映時間 44分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「新学期 操行ゼロ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi