新学期 操行ゼロ

劇場公開日

新学期 操行ゼロ
0%
43%
57%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

詩的な映像表現と才気に満ちた4本の作品を遺し、29歳の若さでこの世を去ったフランスの伝説的映画作家ジャン・ビゴが28歳の時に手がけた監督第3作。フランスの全寮制中学。教師たちは規則で生徒たちを抑えつけ管理しようとする。ついに我慢の限界に達した生徒たちは、自由を求めて“革命”を起こす。そのスキャンダラスな内容から12年近く公開禁止となった。日本では1976年にフランス映画社配給で劇場公開。2018年12月、ビゴ監督の唯一の長編「アタラント号」4Kレストア版の劇場公開と同時公開。

1933年製作/44分/フランス
原題:Zero de conduite
配給:アイ・ヴィー・シー
日本初公開:1976年8月14日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)1934 Gaumont

映画レビュー

3.0戦前のものとは思えない感覚

あき240さん
2019年3月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

監督の精神性は戦前のものとは思えない感覚
戦後の学生運動の乗りに近い
子供達が階調闘争的な演説を行うシーンがあるが
それは老人が代表する体制に対してである
その体制とは若者を抑圧する社会、組織、学校を意味している
恐るべき先進性だ
ただ映画としては退屈だ
チャップリンの物真似をいれたり、ユーモアを入れようとしているが未消化
映像には時にハッとする構図や照明がある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「新学期 操行ゼロ」以外にこんな作品をCheck-inしています。