劇場公開日 1996年11月9日

「ダニー・ボイルの映画キャリアはここから始まった」シャロウ・グレイブ ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.42
10%
53%
27%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0ダニー・ボイルの映画キャリアはここから始まった

2017年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

興奮

ダニー・ボイルの映画監督としてのキャリアは、スコットランドの最大都市グラスゴーを舞台にしたこのスタイリッシュな心理サスペンスで幕を開けた。冒頭、道路を疾走する映像からして既に画期的で、これが90年代初頭に撮られたとは思えない大胆さ。やがて3人の男女による新たなルームメイト探しは、「男の死体と残された現金」をめぐる攻防戦へと発展し、裏組織や警察なども巻き込みながら、それぞれが疑心暗鬼の螺旋階段へと陥っていく。
タイトルは「浅い墓穴」といった意味。本作では森の奥に掘られた穴や共同フラットの屋根裏などにまで視点を広げ、そのカメラワークは縦横無尽、かつ一向に留まるところを知らない。ボイル監督をはじめ、後に『トレインスポッティング』でその才気を爆発させるスタッフたちの「なにか爪痕を残したい」とする執念がビリビリと伝わって来る。ラストの顛末も含めて、ある意味『トレスポ』のプロトタイプとも言うべき創造性が充満した作品だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信
「シャロウ・グレイブ」のレビューを書く 「シャロウ・グレイブ」のレビュー一覧へ(全2件)
「シャロウ・グレイブ」の作品トップへ