ジャッキー・ブラウンのレビュー・感想・評価

ジャッキー・ブラウン

劇場公開日 1998年4月25日
19件を表示 映画レビューを書く

濃い目の珈琲を連想しちゃう

タランティーノで唯一観てなかったタイトルをネトフリで。

2時間半。内容からしてこれは長過ぎだわなぁ。
ダグラス・サークのオマージュって言われても元ネタのメロドラマ知らないし興味もないので…。

センスのいいショットはいくつもあるけど、どうにも間延びした印象だし豪華キャストも活かせていたとは言い難い。ただブラック俳優の濃い感じがお好きな人にはたまらない、かもしれない。(自分にはパム・グリアはちとキツかった…)

銃を撃つタイミングの読めなさはやはりタラらしいと思った一本でした。

散歩男
散歩男さん / 2018年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひたすらカッコイイ

暇なので、HDDに溜まった録画映画を消化中。
観るのは多分2回目。ストーリーも大好きで、めっちゃいい感じのクライムサスペンス。そして何より映像と音楽が抜群にカッコイイ!
最初に観た時のハラハラドキドキは、流石になかったけど、それを補って余りある「カッコよさ」という満足感。タランティーノ作品は、どれも何かしらの満足感があるから好き(^^)

ゴッチン
ゴッチンさん / 2018年1月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酒の強さが人間の強さ

 主人公の中年黒人女性の芯の強さを表しているのが酒。
 どこへ行ってもスクリュードライバばかり飲むサミュエル・L・ジャクソンに、何か飲むか訊かれた彼女は、「強い酒」をリクエストする。
 この時点で、二人の勝負は決まった。
 勝負をかけているのなら、相手よりも軽いアルコールを飲んではいけない。
 ビジネス、ギャンブル、セックス。相手よりも優位に立つつもりがあるのなら、相手の飲み物よりも強い酒を飲め。
 スクリュードライバなどで、酒を飲んでいるつもりの彼には、最初から勝利の女神が微笑むことはないのだ。

よしただ
よしたださん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

○○ネタ

タランティーノ作品で見逃していたので、アマゾン・プライムビデオで観ました。まだ、字幕版がなく日本語版(決して英語通という訳では無い)観ましたが、何か翻訳がしっくりしませんでした。
また、内容もひねりも無く冗長。
最終的には「これでいいの」という感じでしたが、音楽とカメラワークが最高、さらにアル・パチーノのどうでも良い汚れ役に☆3.5

hanataro2
hanataro2さん / 2017年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タランティーノぽくない

そんな印象ですが、彼のファンにとっては彼らしいのかもしれない。

意味のない会話シーンや唐突なズームアップ等はないものの作り込まれた人間ドラマは良かった。
決して美男美女揃いと言い難いメンツながらも引き込まれる展開、予想外の衝動にニヤニヤしてしまいました。

総合的に見て損はない作品だけど、他のタランティーノ作品を楽しめた人が興味本意で見るべき作品かなー。
普通にオススメの映画としては出しづらい。

ジーナ
ジーナさん / 2017年5月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タランティーノ流クライムサスペンス。 オシャレなブラックミュージッ...

タランティーノ流クライムサスペンス。
オシャレなブラックミュージックをバックにディーラー、運び屋、警官の三つ巴で現金50万ドルの争奪戦を描く。
普通に面白いのだが、他の映画と比べるとタランティーノ節があんまりきいてなく、正直まとまり過ぎて普通の映画になってしまった印象。ただ、役者陣も豪華で見応えは十分。

NORIDAR
NORIDARさん / 2017年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どう生きるかはすべて自己責任

登場人物の心理戦は監督ならではです。

いちとら
いちとらさん / 2017年4月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

狐と狸のばかしあい。内容は地味なのだが、なんとなく見入ってしまう。...

狐と狸のばかしあい。内容は地味なのだが、なんとなく見入ってしまう。監督の手腕なのでしょうか?さすがタランティーノ、玄人好みな感じ。

私はど素人なので正直少し物足りない感ありでした。いつド派手な事件が起こるんだ?待っていたんだが…おーいデニーロ、えっ!

主演のパム・グリア、若き頃を見てみたい。なんでも、監督の◯◯◯ッ◯だったそうな、危険、危険(笑)

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

デ・ニーロが可愛い。

ベテラン俳優2人の渋い演技に目が行く。

あまり賢く無くて突っ込みどころ満載で狂気も含んだ中年チンピラをコミカルに演じたデ・ニーロの演技にはやはり名優と呼ばれる意味が良い仕事をしている。

オヤジ臭プンプンなTHE普通のおじさんを哀愁たっぷりに演じたR・フォスターもジャッキーに好意を持ちながら距離を置きながらのラストシーンが健気で優しさが全身から溢れた様な表情も堪らない。

「レザボア・ドッグス」や「パルプ・フィクション」より演出に人間描写と物語に重要性を置いていて地味なイメージもあるが犯罪映画としてシンプルに渋い作品に仕上がっているしLOOKよりもドラマ性に重きを置いた脚本、脚色に前2作とはまた違った素晴らしい手腕を発揮したタランティーノ。

オープニングもタランティーノらしく初っ端から此方のテンションを上げてくれる演出で最高。

万年 東一
万年 東一さん / 2017年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:VOD、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

funky ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「犯罪」にあらゆる形で関わる人々を、その日常を切り取りながら描写していく手法が上手いです。ただの生活をスタイリッシュなテイスト重視で見せられると飽きる場合がありますが、豪華な俳優陣の存在感で全く無理なく引き込んでくれます。音楽もピッタリで良かったです。

Pam Grierの豊潤なカッコよさ、監督が惚れるのも分かります。Samuel L. Jacksonの板についた演技、Robert De Niroがトロいおっさんを演じるという意外性は観ているだけで面白いです。他の登場人物の個性も非常に分かりやすいです。

Robert Fosterが演じたMax。仕事柄多数の犯罪者と関わりながらも、決して(それほど)道を外さない。大きな賭けに出るJackieに対し、歳と立場をわきまえ、冒険もしないけど動じることもない。最後も追いかけないのかな?だからこそ熟年世代の渋い恋という感じが切なかったです。

everglaze
everglazeさん / 2017年2月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

他のタランティーノ作品より軽め。でもオシャレ。

約20年ぶりに鑑賞。
昔は単純にパルプフィクションの次の作品だからってことで見て、あらすじもほとんど覚えてなかったんだけど、三十路過ぎてから見たらおもしろい。
パム姐さんのかっこよさがたまらん。
オデールに殺されるより職を失うほうが怖いってリアルな感じも、他のタランティーノ作品より親近感わくしいい。
オープニング、くそかっこいい。
昔見た時も忘れなかったのは、デニーロのマヌケっぷり(笑)
これをまた観られてよかったわぁ。
タランティーノやっぱおもろいね!

本まぐろトロ子
本まぐろトロ子さん / 2017年1月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんなにロマンチック

学生の頃、ミニシアターに見に行った時は、あまりよくわからなかったし、かっこよさもイマイチかなと思ったけど、年を経て見て見たらこんなにロマンチックな映画だったとは!
最初にすぐに殺されちゃうのは、クリス・タッカーかなぁ!
ジャッキー・ブラウン、かなぁ素敵すぎ。
彼女に目をつけるタランティーノさん、やっぱりすごすぎ。

ゆみこむず
ゆみこむずさん / 2017年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

タランティーノらしい犯罪の軽い扱い方が楽しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:75点 ( ストーリー:75点|キャスト:80点|演出:75点|ビジュアル:70点|音楽:70点 )

 殺しを含む犯罪行為が陽気で簡単な日常行為として取り扱われて、実に軽ーく描かれる演出がいかにもタランティーノらしくて楽しい。保釈金を出してもらえて保釈されたクリス・タッカーが、いつもの彼らしく調子よく大喜びして抱き合った後の場面では、もう車に積まれたただの死体になっていて姿すら写されない。こんな重大行為をまるで粗大ゴミの処分程度の扱いであっさりと流してしまうのが、人をくったようで面白い。
 そしてそんなように人命を軽く扱い犯罪行為に対する罪悪感もないままに権勢を振るう強いものを相手にした逆転計画があり、大勢の人をどのようにして裏をとっていくのかを見せてくれる。もっともこの話は、犯罪者がこちらの予測どおりに動いてくれるとは限らないのに計画の範囲におさまることが前提になっている。銃を持ち殺人を厭わない相手はいつ暴走するかわからないはずで、そんな物語は都合が良くて強引ではあるが、それでも犯罪計画の筋としては通っている。

 無駄なまでに出演者は豪華。前述の登場後数分で消えるただの殺され役のクリス・タッカーもそうだが、けっこうポンコツのロバート・デ・ニーロを見るのも新鮮。馬鹿情婦はブリジット・フォンダだし、サミュエル・ジャクソンの犯罪者ぶりは板についていた。主人公のジャッキーのパム・グリアは悪くないが、しかし保釈金融業者のマックスを演じたロバート・フォスターは平凡。

【2017/08/20】
 過去にテレビ放送された短縮版を観て感想を書いたが、完全版を観てみた。すると登場人物のより多くの行動が描かれていて、特にマックスのジャッキーに対する態度がよくわかって面白みが増した。ジャッキーに引かれながらも自分の現在の生き方を外れず距離を保つ彼の節度が、結末に少々の寂しさと余韻を残していた。追い詰められたジャッキーの、あえて虎口に飛び込む度胸にも感心した。

Cape God
Cape Godさん / 2016年3月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華な俳優陣!

ヘイトフルエイトが期待以上にツボだったのでもういっちょタランティーノ作品を鑑賞。
ムダに順番通りに見たがる性分なので今回は3作目のこちらの作品。

相変わらずOPがいい。ただジャッキーブラウンが空港を歩いているだけなのにBGMがグルーヴィーでかっこいい!しかし長い!フル尺で歩く!笑

そして銃の密売人のオデールことサミュエル叔父貴とその相棒のルイスことデニーロが冒頭から並んで映っている。素晴らしい笑。そんで銃についての無駄話笑。デニーロ全然興味なさそう笑。
その2人を挙げようとジャッキーに近寄るFBI役にマイケルキートンと好みの俳優が盛りだくさんでキャストに関しては最高笑。クリスタッカーが秒で死んだのはちょっと残念だったけど。

ストーリーとしてはオデールの金の運び屋をしていたジャッキーが麻薬の所持でFBIのレイらに逮捕されてしまうことから始まる。しかし釈放と職場復帰を条件にオデールたちをハメる計画を持ち出されたジャッキーは途中で親しくなったマックスとともに人生をかけた大勝負に出る!
といったもの。

1番面白かったのはデニーロのポンコツ扱い。出所したばかりで勘が鈍っているというあいまいな理由により、サミュエルには怒られ、2回りくらい年下のメラニーと関係を持つものの、バカにされ続け、イラっとしたのか考えなしに殺すなど切れ味ゼロのキャラクターに笑。それはそれで愛されるのが彼のすごいところ。

今回もサミュエル叔父貴はキレッキレでもうファッキンファッキンしまくり。キレたときの何するかわかんない感じめっちゃ怖いのと後半の髪下ろした姿がどう見ても落ち武者にしか見えなくて笑えた笑。

役者の演技は楽しめたけど長いってのもあって後半ちょっとなにやってるのかわからなくなってしまった。。確かにオトナの魅力溢れた感のある作品には仕上がっている。個人的にはジャッキーがもっと切れ者でFBIもオデールたちも騙して、マックスとともにどこか遠い所へ逃亡しちゃう的なラストを期待してた。結果(マックスを除いて)そうなったわけだけどその過程をもっと面白く見せてくれるとよかったかなぁ。良くも悪くもそこはタランティーノ映画それもそれで魅力の一つ。
次はいよいよキルビル?観たことないから楽しみ。

オレ
オレさん / 2016年3月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

70年代テイストがいっぱい

大金を手にして引退すると言うのが、武器密売人オデール・ロビーの人生の最終目的である。
その為なら、ドジを踏んだ奴や勘の鈍った奴は平気で始末してしまう。
それがたとえ自分の仲間であってもだ。
そんな極悪非道を極めたような性格のオデールだったが、実は神経質で小心者。
隠し金の運搬も空港の税関が怖くて、黒人スッチーのジャッキー・ブラウン(パム・グリアー)に任せていると言うから情けない。
ところが、したたかなジャッキーの策略により隠し金が忽然と消えてしまった 。
放心状態のオデールは、落ち込んだ眼球を異様にギラつかせ、すっかり憔悴しきってしまう。まるで亡霊と言うか、生気が失せてしまった落武者のようでマジ怖いんですけど。
タランティーノのパム・グリアー“愛”が半端なかったが、個人的にはハル・ベリーかジェニロペあたりをキャスティングして欲しかったかな。
ま、中年のおばさんとおじさんの恋愛を描いているところが、この作品の持ち味なのかもしれないが。

みつまる。
みつまる。さん / 2015年4月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

おもしろいです。

このなんともいえない中途半端な感じは狙ったものなんでしょうね。
すごく表現としては難しいのだけれど、絶対にどこにもベクトルが振れることなく、ずっとふわふわ宙を浮いてるような感じ。
キャスティングから、映像から伝わる雰囲気から、展開にしても、すごく感覚的に違和感(いい意味で)が全編にわたってある。
それでいて場作りの上手さと、時間軸を追って整理された仕掛けで引き込んでいく。
なんでしょうね、役者に気持ち良く演技させない、そんな演出をあえてやっているような。やっぱり変態なんですかね、タランティーノって。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2015年2月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だんだんかわいくなってく

個人的なタランティーノ作品No.1です。

何回も見るうちにどんどん好きになっていきます。タランティーノがラブストーリーを真っ向から描いた唯一の作品です。改めて人間を描くのが上手いなって思います。器用な人から不器用な人まで・・・ほんとあるあるってなる。

あとだんだんパム・グリアーがかわいくみえていきます。その辺もうまいと思います。
最初会った時には「別に・・」って思ってた職場の女の子が何回も会ってるうちにかわいくみえていくようなあの感じ。

あとデニーロのダメダメ感が素晴らしい。

あと音楽が素晴らしい。

アリンコ
アリンコさん / 2014年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

110番街交差点

冒頭のシーンがイイ!!
流れている『110番街交差点』の曲がイイ!!

「もっとマシな生き方があるのは知ってたよ。
 110番街交差点、そこは生きるか死ぬかの分かれ道。
 生き残りたいなら強くなれ。」

そんな歌詞をバックに走るパム・グリアがイイ!!
もう若くはない女の疲れた横顔がイイ!!

この映画きっかけで『110番街交差点』やパム・グリア『コフィー』を観た。
腰が抜けるほど痺れる映画。言葉ではなく肉体で全てを納得させる映画。
タランティーノがこのカッコ良さに憧れたのも充分すぎるほどよく分かる。

『ジャッキー・ブラウン』がそのカッコ良さを万人向けに昇華できていたかは、ちょっと微妙。熟女パムをおっさん三人が好きになる話だもんなー。

万人受けはしなくとも、この映画やっぱりイイ。
公開当時観たときよりも、今の方が年齢的にパムに近づいてきたせいか、よりグっとくるようになってきた。ラストシーンがより切なくなってきた。

ラストでもう一度『110番街交差点』が流れる。
「生きるために何だってやったさ。
 悪いことだってやった。
 ここを抜け出すためにね。」
正面から映し出されるパム・グリアのアップがイイ!!

この映画にどんな欠点があろうとも、このシーンだけで充分許せる。そして泣ける!!
(個人的には)タラ映画の最高傑作!! NO.1!!

小二郎
小二郎さん / 2013年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

単純を巧みに魅せる技術

浮き世でバイオレンスな他愛ない話をタランティーノは映画という一つの作品へと形造る。
特に、娯楽としての映画を心得た魅せかたは非凡なものがある。
時間軸を上手く操り、同じ現場での異なった視点という単純なものを巧みに作り上げられたもののように映す。
簡単そうだがなかなか難しい演出である。
「パルプ・フィクション」から続きタランティーノというブランドを確立した一作だ。

keita
keitaさん / 2012年5月11日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

19件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi