ザルツブルグ・コネクションのレビュー・感想・評価

ザルツブルグ・コネクション

劇場公開日 1972年11月25日
1件を表示 映画レビューを書く

映画史に残る最低カーチェイス

ナチが隠した箱を巡って、回収しようとする者、箱の中身を知られたらまずい者、破壊しようとする者などが入り乱れる。この設定からストーリーをうまく運べば傑作のスパイ映画となったのだが...

誰がどこの国のスパイかわかり難いのは物語の展開上良いとして、出てくる奴らが皆スパイとは思えぬ間抜け揃い。
クラウス・マリア・ブランダウアーがネオナチに捕らわれて、箱のありかを言わせようと拷問されるのだが、吊るされて脛を銃で叩かれるだけ。それじゃ口割らないでしょ(笑)

終盤カーチェイスが始まったと思ったら、渋滞の街中のため主人公がしょっちゅうブレーキかけてスピード感無し!
あげくの果てに、敵の前に出て蛇行したり急ブレーキをかけて止めようとするトホホな演出!
これを「バニシング・ポイント」のバリー・ニューマンにやらせるんだから、あきれ果てる...

主人公のキャラがどう見てもむっつりスケベだし、これは監督の主役に対する嫌がらせか!?と思うほど主役を活躍させない、スパイ映画の緊張感も無い、残念作品です。

たぁ〜ちぃん
たぁ〜ちぃんさん / 2013年12月11日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi