ザ・ファンのレビュー・感想・評価

メニュー

ザ・ファン

劇場公開日 1996年10月26日
2件を表示 映画レビューを書く

全てを失った男が暇を持て余して暴走するが、怖さは平凡

総合70点 ( ストーリー:75点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:70点 )

 元々自己中心的で攻撃性が強くて独りよがりの男が、その性格ゆえに家族を失う。こんな男でも普通に社会人でいるうちならば職場のちょっと困ったやつくらいで済んだのかもしれないが、職を失ってしまえば自分勝手な思い込みを制御できず持て余す時間を使って暴走を開始する。主人公の人物設定とその暴走の過程はまずまずうまく描かれていた。
 だが異常心理からくる異常な行動がじわじわと迫ってくる怖さという点において、過去のデニーロの『ケープ・フィアー』ほどのものはない。たとえ静かな場面でも次の一瞬に何が起きるのだろうかと思わせてしまう迫り来るものはやや弱い。それほど悪いわけではなかったが、けっこうあっさりと話が進んでいったのに物足りなさもあった。

Cape God
Cape Godさん / 2016年9月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

異常なファン心理

デ・ニーロの悪役ぶりは『ケープ・フィアー』を境に、下降線の一途をたどって行ったようにしか思えません。
愛情が憎悪へと変わる行き過ぎたファン心理を描くのなら、やっぱり加害者は女性の方が背中に冷水を浴びせかけられるような怖さが出るね。
『ミザリー』や『恐怖のメロディ』は本当に怖かった。
本作のデ・ニーロにはアクション番長スナイプスが演じる有名野球選手を、肉体的にも精神的にも追い詰めていく底知れぬ狂気に欠けていたように思う。
T・スコット監督の過剰な演出も、やたら騒々しいだけで、間の抜けたクライマックスにはドン引き。
デ・ニーロほどの大スターが喜んで出演するほどの作品ではない。

2016年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi