最前線物語

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
20%
47%
20%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第一次大戦に生き残った軍曹が、4人の若いヤンキーの兵士を率いてヨーロッパ戦線の最前線を転戦する姿を描く。製作はジーン・コーマン、監督・脚本は「ショック集団」のサミュエル・フラー、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はダナ・カプロフが各々担当。出演はリー・マービン、マーク・ハミル、ロバート・キャラディン、ボビー・ディ・チッコ、ケリー・ワード、ステファーヌ・オードランなど。

1980年製作/アメリカ
原題:The Big Red One
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

1918年、第一次大戦の終了時、4時間前に終戦になったことを知らない軍曹(リー・マービン)が、1人のドイツ兵を殺してしまった。そして第2次大戦の1942年、若い4人のヤンキー兵を率いた彼の姿があった。いずれも屈託のない素直な若者たちだ。まだ幼さを残すが、狙撃の腕は抜群のグリフ(マーク・ハミル)、痔が悩みのタネである農家の息子ジョンスン(ケリー・ワード)、音楽好きでサックス吹きの下町っ子ビンチ(ボビー・ディ・チッコ)、文学青年でヘミングウェイにカブれている小説家志望のザブ(ロバート・キャラダイン)らだ。彼らが所属するのは歩兵第16中隊の第1狙撃兵分隊である。軍曹が「殺人ではない、ただ殺すだけだ」と悟したことが影響したのか、彼ら4人は、苛酷な戦場にいても、悲愴感ひとつなく、まるでハイスクール生活を楽しんでいるようだった。彼らは北アフリカ戦線からナチス管理下にある南仏ヴィシー地区に上陸し、解放した連合軍とともに北アフリカに戻り、そこからドイツ軍と連合軍が激しい戦闘を行なっているシシリー島へと向かった。どこへ行っても不思議に生き残った4人は、ついに最大の戦闘ノルマンジー上陸作戦に参加した。そして、ここでも生き残った彼らは、ユダヤ人のゲットー解放までを共に迎えるのだった。それは軍曹が語る「戦場では生き残ることがモラルだ」という言葉が彼らの中に強く入り込んでいたためだったのかもしれない。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第33回 カンヌ国際映画祭(1980年)

出品

コンペティション部門
出品作品 サミュエル・フラー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0murder or kill

everglazeさん
2017年5月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
everglaze

3.0ただの場面描写の連続

Cape Godさん
2017年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

総合60点 ( ストーリー:50点|キャスト:60点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:60点 )

 転戦する軍曹と兵士達を描く。北アフリカ・イタリア・フランス・ベルギー・チェコと次々に戦場が変わりそれに合わせていきなり場面も変わる。どんな状況だかろくに説明すらなく次の場面にいっていることもある。だから一つ一つの戦いの場面があっさりと流されて深みがない。4人の兵士も見せ場は少なくてどんなやつだか覚えきれないうちに終わってしまった。登場人物も物語も掘り下げが浅くて、ただの行き当たりばったりの場面描写の連続といった感じ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.5戦場の四銃士と鬼軍曹。

2016年1月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

北アフリカの砂漠からイタリアのシシリー島、北フランスのノルマンディー海岸、チェコのユダヤ人強制収容所の各地を転戦するアメリカ軍第1狙撃兵分隊の姿を追ったロード・ムービー的な味わいのする戦争映画です。
終戦を迎えるか、戦死者リストに載せられるまで、鬼軍曹に指揮される4人の新兵たちの最前線での戦闘は続く。
そんな過酷で悲惨な内容とは裏腹に、戦車の中での出産や精神病院でのコミカルな銃撃戦など、職人監督サミュエル・フラーのユーモラスな視線が感じられました。
作品全体がカラッとした明るさに包まれていたのがせめてもの救いでしたね。
また、鬼軍曹に扮するリー・マーヴィンの“男の中の男”と言った厳しさの中にも時折見せる、女子供に対する優しい眼差しが癒しになっている。
頑固親父の不器用な一面を見る思いである。
スピルバーグ監督の『プライベート・ライアン』と見比べてみるのも、またいいかもしれません。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る