ドラゴンへの道

劇場公開日:

解説

伝説のアクションスター、ブルース・リーの初監督作で、リー自ら主演・脚本・製作・音楽監修・武術指導を務めたカンフーアクション。

ローマの中華料理店「上海」は、立ち退きを迫る地元マフィアからの執拗な嫌がらせに困っていた。香港から助っ人としてやって来た中国拳法の達人タン・ロンは、マフィアが送り込んだ男たちを鮮やかに撃退する。しかしマフィアもアメリカから最強の武道家を呼び寄せ、抗争は激化していく。

コロシアムでのチャック・ノリスとの激闘シーンは、映画史に残る格闘技アクションとして語り継がれている。1972年に製作され、75年に日本公開。2020年7月の「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」ではマイク・レメディオスの主題歌の入った日本初公開時英語版でリバイバル上映。2023年7月の特集上映「WBLC2023 ワールド・ブルース・リー・クラシック2023」でも同バージョンの4Kリマスター版が公開。

1972年製作/100分/G/香港
原題:猛龍過江 The Way of the Dragon
配給:ツイン
劇場公開日:2023年7月14日

その他の公開日:1975年1月25日(日本初公開)、2020年7月3日

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0道は

2023年9月22日
iPhoneアプリから投稿

ひらけた!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ミスター

2.5稚拙なんだけど面白い

2023年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

チネチッタのLIVE ZOUNDで鑑賞。
後のカンフー映画のフォーマット的な作品でしょうか。李小龍の映画は。
まるで、ドリフのコントを観ているような流れでテンポよくストーリーが進み、お約束的な設定で安心して観られますが、今の映画からみれば非常に幼稚な作りだと思います。
ラストのチャック・ノリスとの対決は見応えはありました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
zem_movie_review

4.0肉体美!!

2023年8月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
ままま

4.0ノラミアオやっぱりカワイイ!

2023年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

リーが製作会社と喧嘩して、他社から引き抜かれぬよう、
プロデューサーが「お前会社つくれへんか?」と
知恵をつけて、製作、主演、監督、脚本など
一人で作ってしまった本作はイタリアマフィアとの攻防を描く。
おのぼりさんが実は滅茶苦茶強いと知った時の
ノラミアオの笑顔は映画史上最高。
わざわざ撮影前にチャックノリスを太らせて
最後は勝ってしまうブルースリーってなんて自分本位(笑)
80点

コメントする (0件)
共感した! 0件)
NWFchamp1973