コンスタンス

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

理科系の大学を卒業した青年がその純粋さゆえに社会の中での矛盾や不正に悩む姿を描く。製作はタデウシ・ドレヴノ、監督・脚本は「結晶の構造」のクシシュトフ・ザヌーシ、撮影はスワヴォミール・イジャック、音楽はヴォイチェフ・キラール、編集はウルスラ・シリヴィンスカ、製作デザインはタデウシュ・ヴィブルトとマチェイ・プトフスキが各々担当。出演はタデウシュ・ブラデッキ、ゾフィア・ムロゾフスカ、マウゴジャータ・ザヨンシコフスカ、シェザールィ・モラフスキ、ウィトルト・プィルコシュなど。

1980年製作/ポーランド
原題:Constans

ストーリー

大学で理科系の学業を終えたヴィトルト(タデウシュ・ブラデッキ)は卒業と同時に軍隊に入り、短期教育を受けたのち、電気技術者として就職した。彼の母(ゾフィア・ムロゾフスカ)は薬剤師。父は若いころ山で命を落した。父の影響かヴィトルトは仕事とは別にヒマラヤに登ることを生きる目的としていた。彼は常に純粋に生きようとしていた。しかし、社会はそう甘くはない。彼の勤める電気会社も母が病気で入院した病院の人々も皆、彼には非人間的に映った。そして彼のそばには、いつも死があった。父の遭難、祖父の戦死、そしてガンだった母が死んでゆき、インドでは、若い娘が火葬されるのを目撃する。そんな彼もグラジーナ(マウゴジャータ・ザヨンシコフスカ)という若い娘を知り、平和な生活を迎えようとするが、それもつかの間。ヒマラヤ行きを夢みながらビルの取りこわし作業に精を出していた彼は、ボール遊びをしていた子供を助けようとして転落するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第33回 カンヌ国際映画祭(1980年)

受賞

コンペティション部門
審査員賞 クシシュトフ・ザヌーシ

出品

コンペティション部門
出品作品 クシシュトフ・ザヌーシ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る