「VICTORY!」告発 ソロモンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「告発」 > レビュー > ソロモンさんのレビュー
メニュー

告発

劇場公開日 1995年4月22日
全12件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

VICTORY!

ヘンリーヤングという実在した囚人をもとにした実話のお話。

この映画を見て思ったのが真実に真っ向から挑むってこんなにもすごいことなんだなっということです。個人主義が蔓延し、他人事に特に自分に損益のことは無視する。そういった世の中でこの映画のもとになった実話はとても勇敢なお話に思えました。

物語の途中突拍子もない展開があり、びっくりする時があります。しかし真っ暗闇の独房で三年間監禁されていたのだから、ああいった行為が出来る喜びや自分の趣味なんかを存分に楽しめる喜びを人一倍理解できる立場。なのでまったく不快感がない。実話なのだからなおさら説得力もあります。

過剰な罰則で人間性を失ったヘンリーヤングを演じたケビンベーコンさんがとてもいいです。悪役のイメージしかない私にとっては今回の彼は印象に残ります。クリスチャンスレーターさんは地味ではありますが、初々しい弁護士を好演していたと思います。

随分と昔の話ですが、アルカトラズ刑務所の実態を知ることが出来ると同時に実在したとても勇敢で勝利したと胸を張って言えるお話を見れる映画です。一度は見てみる価値のある作品です。

ソロモン
さん / 2012年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報