恋人たちの曲 悲愴

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

偉大な芸術家チャイコフスキーの私生活での苦悩、その苦悩を払しょくするように、類まれなる才智による創作活動を続けた彼の劇的な生涯を画く。製作・監督は「肉体の悪魔(1971)」「ボーイフレンド」のケン・ラッセル、脚本は「大侵略」のメルヴィン・ブラッグ、撮影は「冬のライオン」のダグラス・スローカム、演奏はロンドン・シンフォニー・オーケストラ、指揮はアンドレ・プレヴィン、ピアノ独奏はラファエル・オロズコ、振付はテリー・ギルバート、衣裳デザインはシャーリー・ラッセル、編集はマイケル・ブラッドセルが各々担当。出演はTV『ドクター・ギルデア』のリチャード・チェンバレン、「恋する女たち」のグレンダ・ジャクソン、マックス・エイドリアン、クリストファー・ゲイブル、イザベラ・テレジンスカなど。

1970年製作/イギリス
原題:The Music Lovers
配給:ユナイト

ストーリー

ピョートル・チャイコフスキー(リチャード・チェンバレン)と親友のアントン・シロフスキー伯爵(クリストファー・ゲイブル)は雪の夜、酔っ払ってアントンのベッドになだれこんだ。二人の異常な関係は音楽院の中でも噂されチャイコフスキーの輝かしい未来に大きな危惧を抱かせていた。彼の姉サーシャは弟の身を気づかい、アントンから引き離そうと自邸へ連れ帰った。しかし所有欲の強いアントンによって彼は再び泥沼のような生活にのめりこんでいった。こうした生活のなかでも、チャイコフスキーは憂愁に満ちた美しい佳曲を作曲していった。モスクワ音楽院で行われたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の演奏会は音楽院長ニコライ・ルービンシュタイン(マックス・エイドリアン)の酷評にもかかわらず、聴衆の絶賛を博し、芸術の庇護者として有名なナジータ・フォン・メック夫人(イザベラ・テレジンスカ)を魅了、フォン・メック夫人はチャイコフスキーの援助を申し出た。唯一つの条件として、2人は絶対に会わないという条件で。チャイコフスキーは私生活を建て直そうと決意。彼に好意を寄せる熱情的なニーナ・ミリョーコワ(グレンダ・ジャクソン)と電撃的に結婚した。しかしこの結婚はチャイコフスキーにとって、みじめな結果に終った。結婚生活に堪え切れなくなったチャイコフスキーは自殺を図ったのだ。チャイコフスキーの実際家の弟モデステ(ケネス・コリー)は自らマネージャーを買って出、兄をニーナから引き離した。フォン・メック夫人はチャイコフスキーをブライロフの別荘に送り静養をすすめた。チャイコフスキーは夫人の信頼と友情に励まされ、すぐれた作品を作り、二人の間には理想的なプラトニック・ラブが生まれた。しかしチャイコフスキーの誕生祝いの席でメック夫人に近づいたアントンは過去のチャイコフスキーとの醜関係を暴露した。このことが夫人とチャイコフスキーの間に亀裂をつくり、夫人はチャイコフスキーの許を離れていった。そして時が立ち、友人は一人一人と去り、ニーナは脳病院に入り、姉のサーシャも死んでいった。53才、チャイコフスキーは交響曲“悲愴”を書き上げると毒物をあおり、数日後この世を去った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る