「おもちゃが動きます」グレムリン かもしださんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「グレムリン」 > レビュー > かもしださんのレビュー
メニュー

グレムリン

劇場公開日 1984年12月8日
全24件中、21件目を表示
  •  
映画レビューを書く

おもちゃが動きます

チャイナタウンの骨董屋でペルツァーが手に入れた不思議な生物モグワイ。
彼はそれを息子のビリーへとクリスマス・プレゼントとして贈るが、モグワイを飼うには守らねばならない三つの誓いが必要だった…

学生だったクリス・コロンバスが「ハウリング」に触発されて書き上げた短編の脚本「ギズモ」

これが、スピルバーグの目にとまり、長編化。

どうせ映画にするなら、元ネタ「ハウリング」の監督にやらせようという事でジョー・ダンテの起用。

製作の打ち合わせでゴールドスミスがダンテに「こんな曲はどうだい」と言って、「グレムリン・ラグ」をダンテに聴かせる。

「これだ__D_F9A7__」
と感じたダンテは、このスコアを基に、騒々しくもコミカルな方向へと脚本を改稿__D_F9C8__

こうしてブラックなホラー作品だったコロンバスの脚本「ギズモ」は「グレムリン」と変貌してしまった訳です__D_F9C7__

という事で、本作はホラーとはかけ離れた代物。
前作の映画「トワイライト・ゾーン」の一編「こどもの世界」で、己のカートゥーン趣味と落ち着きのない演出を大噴出しまくったダンテが、再び、大暴れし、「映画で遊ぶ」という趣味に興じた作品になっております__D_F9C7__

本作で活躍するギズモこと、モグワイですが、敢えて手作り感たっぷりの人形にしたそうです__D_F9C7__

映画的に賛否両論の物議を醸した存在ではありますが、商品化し易い代物という点では成功と言えるでしょう。(現に商品化され売ってました__D_F9C7__ワーナー儲かったね__D_F99B__)

因みに、諸説ありますが、本作のタイトルにもなった空の妖怪グレムリンの起源は日本兵。

第2次世界大戦の零式戦闘機に搭乗していた兵士がモデルという説が有力です。

戦闘機に搭乗する日本兵があまりにも小柄で、戦闘中の米兵から、その姿を目視出来ないという事態が相次いで起きたそうです。

この為、米兵から「零戦は妖怪(グレムリン)が操縦している」という噂がまことしやかに流れ、現在に至るという話です。

本作が公開された頃は折しも日米貿易摩擦が取り沙汰されていた時代。

「新手の皮肉か__D_F9A7__」

と、疑ってしまいました__D_F9C7__

かもしだ
さん / 2011年12月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD、TV地上波、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報