劇場公開日 1995年10月10日

「潜水艦アラバマ」クリムゾン・タイド いやよセブンさんの映画レビュー(感想・評価)

3.720
20%
57%
20%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0潜水艦アラバマ

2019年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

ロシアで反政府組織による反乱が起き、核兵器の発射コードを握られてしまう。
アメリカ政府は空母や原潜を出動させ、万が一に備える。
カムチャッカ沖に配備された原潜アラバマに、核ミサイル発射の指示がある。
しかし、直後に別の指示があったのだが、通信設備の故障で意味不明となっていた。
艦長(ジーン・ハックマン)はミサイル発射すべき、副艦長(デンゼル・ワシントン)はもう一度確認してから、と意見が対立する。
潜水艦モノの面白さに加え、人類滅亡の鍵を渡された人たちの苦悩がよく描かれている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
「クリムゾン・タイド」のレビューを書く 「クリムゾン・タイド」のレビュー一覧へ(全20件)
「クリムゾン・タイド」の作品トップへ