クリエイターのレビュー・感想・評価

メニュー

クリエイター

劇場公開日 1987年9月19日
4件を表示 映画レビューを書く

高齢化とともににガリガリになるピーター。

この頃のもマリエル・ヘミングウェイと言えばやはり「マンハッタン」だろうが、この作品の彼女も可愛らしく元気で良かった。
ピーター・オトゥールの助手(みたいな人・・・)の恋人が脳死状態になるのは、やや唐突な印象を受けたが、ピーター・オトゥールは、亡くなった妻を甦らそうと(今で言うクローン的に)って科学者だから(とんちきマッドサイエンティストというか)
命の意味って意味(?)では、別に唐突でもないのかも。
ピーター・オトゥールとマリエル・ヘミングウェイは軽く30は年が離れているように見えるが、まさかの「結婚&妊娠」これは、最近の「婚活おっさん」に希望を与えるかも。
割と、爽やかな良い作品だと思うけれど、ピーター・オトゥールのがこんな作品に出演しているとは知らなかった、偶々ユーネクストで観た、普通に良い映画だと思いますけれど。

kumiとジュディー
kumiとジュディーさん / 2019年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは久々にめぐり合いました。苦手なドタバタでもないのにほとんど何...

これは久々にめぐり合いました。苦手なドタバタでもないのにほとんど何も残らない作品に。
見どころはヴァーニジア・マドセンの初々しいセクシーシーンのみ。
死神博士みたいなおっさん(P・オトゥール)が死んだ嫁を蘇らせようとしたが、結局若いお姉ちゃん(ヘミングウェイの孫)の方が良かったというお話。なんで録画してたんだろう(笑)

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年11月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色々な要素が含まれたロマンチックサイエンスコメディ

意外と面白かった。
さすがに絵的な古さは歪めないがストーリーやキャスティングは見事な出来映え。
ハラハラ、ドキドキ、チョッと涙ながら
最後はハッピーエンド。
でもしっかりと心暖まる。
そんな物語。
主人公が誰なのか?
微妙なところがまた面白かった。

としぱぱ
としぱぱさん / 2017年10月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大学の先生と生徒!(^^)!

トリッキーなノーベル賞受賞科学者ハリー博士と
ピュアな助手の院生ボリス、一目ぼれのバーバラ
卵子提供者で先生の恋人となる19歳のマリ
みんな好き!いい!
敵役のシド博士までもがいいキャラ!愛せる
そんな風に仕上がったことこそ神のなせる業!
後半は涙こらえるのがたいへんだった

それにしても
このハリーはどこかで見たことがある、と思ったら
アラビアのロレンスだった!(いくつになっても瞳が美しい)
マリは一度見たら忘れない(^^; ヘミングウェイの孫
「マンハッタン」でウディ・アレンの恋人を演じた人
そう考えるとどちらも似たようなカップルだ(笑)

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2017年9月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報