君が、嘘をついた。

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

脚本家志望の女の子が、嘘をついて映画監督に近づいていくことから始まるラヴ・ストーリー。監督は「メランコリー」のエリ・シュラキ。録音はジャン=リュック・ゴダール作品で知られる「メランコリー」のフランソワ・ミュジー。主演は「ベティ・ブルー」「とまどい」のジャン=ユーグ・アングラード、「王妃マルゴ」のヴァレリア・ブルーニ=テデスキ。共演は「カウガール・ブルース」のロレイン・ブラッコ、「季節のはざまで」のサミ・フレイ、「百一夜」のジュリー・ゲイエ、「メランコリー」のクリスチャン・シャルメタンほか。

あらすじ

映画監督ザック(ジャン=ユーグ・アングラード)と大女優エレーヌ(ロレイン・ブラッコ)のカップルに近づくことを考えついたディジー(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)は、屋敷の前でひったくりに襲われるという芝居を打つという嘘をきっかけに、彼らの生活に潜り込む。彼女の夢は映画の脚本家になることだった。その夜、憧れのザックが姿を消す。何の手がかりもなく。8ヶ月後、ザックは浮浪者のような姿になっていた。夫の心変わりを感じたエレーヌは彼に自分の主演作を撮らせて、彼の愛をつなぎとめようと考える。彼女が資金を出すがザックには内緒にし、様子を知るために脚本家としてディジーが送り込まれる。脚本はザックの失踪中に起こった出来事に基づいて書かれる。ホテルで出会ったというカップル、そして彼らを襲った悲劇。それらは本当なのか嘘なのかわからない。戸惑いながらもディジーはその物語にザックへの想いを重ねていく。そうして出来上がった映画は、いつしか2人自身のラヴ・ストーリーへと変わっていくのだった。

1995年製作/107分/フランス
原題:Les menteurs
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る