「マニュアルどおりのハード・ボイルド」危険なささやき Cape Godさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

危険なささやき

劇場公開日 1983年11月19日
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

マニュアルどおりのハード・ボイルド

総合:65点
ストーリー: 70
キャスト: 75
演出: 65
ビジュアル: 70
音楽: 65

 アラン・ドロンが主演だけでなく製作・監督も努めた作品。全体的にハード・ボイルド路線な犯罪映画でそれなりに見れる。
 だがハード・ボイルド路線はいいのだが、その雰囲気を出そうと意識しすぎているのか演出がちょっとわざとらしい。男と女・わざわざ高速を逆走するカーチェイス・スーツ姿の殺し屋の襲撃とあまりにお手本どおりのように進めすぎたのか、80年代の映画なのにそれ以上に古いハード・ボイルド映画のようにも感じた。
 「ニキータ」で主演をしたアンヌ・パリローがヒロイン役で出ている。ちょっとだけ謎めいてちょっとだけ小悪魔的な役柄をやっていて、ニキータのときの印象があまりに強くてそのときと雰囲気が違っていて全く気がつかなかった。バレーで鍛えた若い細身をおしげもなくさらして、こういう正統派なヒロイン役もやっていたんだと少し驚いた。彼女の存在が映画に花を添えた。

Cape God
さん / 2013年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi