キートン将軍

ALLTIME BEST

劇場公開日

56%
33%
11%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

喜劇王バスター・キートンが製作・監督・主演を務め、南北戦争時代のアメリカで実際に起きた列車強奪事件をモチーフに描いたアクション喜劇。機関士のジョニー・グレイは、自分が運転する機関車「将軍号」と恋人アナベルを心から愛していた。ところがある日、将軍号が北軍スパイに奪われてしまう。しかもその荷物車にはアナベルが乗っていた。別の機関車で将軍号を追うジョニーだったが、知らぬ間に北軍の真っただ中に入り込んでしまい……。「キートンの大列車追跡」「キートンの大列車強盗」の邦題でも知られる。

1926年製作/107分/アメリカ
原題:The General
配給:東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:PictureLux/アフロ

映画レビュー

4.5無声コメディ映画の金字塔

因果さん
2022年6月13日
iPhoneアプリから投稿

『マッドマックス 怒りのデスロード』よろしく壮大なUターン追走劇が繰り広げられる無声コメディ映画の金字塔。キートンの体を張ったアクションシーンに終始ハラハラさせられる。走行中の機関車のカウキャッチャーに座り込むシーンばかりが印象的だが、大砲に火をつけるシーンや機関車から飛び降りるシーンや騎馬の群れの真ん中でアタフタするシーンなどもよく考えてみれば相当危ない。

ショットの切り替えやカメラワークといった編集レベルのテクニックももちろん素晴らしいが、そもそもの舞台装置とその運用が豪勢きわまりない。これでもかという台数の貨車が破壊され、100頭はくだらない馬群が機関車の横を駆け抜け、悪役たちの機関車が橋もろとも川の中に崩れ落ちていく。一体どれだけの予算がかかったのか想像もつかない。

受け手の口角をほんの数ミリ上げさせるためだけにここまでの熱量を込められるというのは本当にすごいことだと思う。この「不真面目を大真面目にやる」というキートンの映画人的矜持は後のジャック・タチやジャッキー・チェンに受け継がれていくこととなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
因果
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「キートン将軍」以外にこんな作品をCheck-inしています。