劇場公開日 2012年11月3日

カリフォルニア・ドールズのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全8件を表示

4.0働く大衆への暖かいエール!

あき240さん
2018年10月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

文句なしに面白い!理屈抜きだ
刑事コロンポで超有名俳優になったピーター・フォークが、その冴えない中年男のイメージをそのまま流用して役にはまり見事な演技
二人の女子レスラーの容姿も美しく楽しい
クライマックスのリング登場シーンは最高の盛り上がりでワクワクする!

どさ回りのいつになったら日の当たるところにでれるかわかりもしない、いつまで経っても底辺のままぐるぐると回っているだけ
誰しも若い時に経験することだ
それをアルドリッチ監督は女子プロレスという誰もが少ししか知らない業界を取り上げて、泥まみれになってそこから這い上がるストーリーをロードムビーとして物語に仕上げて見せる

正に普遍的なテーマだ
成功するためには、長い下積み生活の辛抱、文字通り泥レスを登場させて泥まみれになって働け、どうせどこに行ってもゲスばかりだ、プライドがなんだ、多少卑怯であってもチャンスを掴め、ここ一番の大勝負に臨んだなら自己演出の大事さを知れ
どの業界で働いていようが、無名の者が芽を出し、上に這い上がる為の秘訣は同じだ
だからこそ本作は万人の心に刺さるのだ
働く大衆へのエールなのだ

つまり、本作はリノのリングサイドで子供達や観客がふるポンポンのような映画なのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5戦うしかない

ひろちさん
2017年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

興奮

相撲部屋では稽古で、上位の力士から自分には絶対に敵わないのだと散々、刷り込まれるらしい。社会は厳しく、学歴も伝手もない若者は成功しないとされる。だから、世間に出ると、「戦うな」と洗礼を受ける。だが、才能や個性は、世間に迎合し、苦労を厭えば発揮されない。世間は、様々な手で才能等を封じようとする。恐れているのだ。私達の才能や個性を。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろち

3.5チョーク!反則だ!

散歩男さん
2017年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

アルドリッチ監督の遺作として知ってたがようやく観た。

実に泥臭く世知辛いながらも最後はハッピー、というアルドリッチ映画の王道。憎々しい敵役もちゃんといて盛り上げ方がとにかくイイ。
いつもの男だらけではなく女子ふたりと男という組み合わせで、ピーターフォークの味わい深さが実に良かった。

試合とかリアリティはなかったが映画として正しければそれでいいのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

3.0ある意味ノスタルジー映画

2016年8月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

名匠R・アルドリッチ監督の遺作だが、全盛期の傑作の数々に比べれば少し劣ると思う。

でも割り切った人間関係が優先される現在じゃ、こうゆう泥臭い人間同士の混じり合いとゆうか、肌と肌との擦れ合いみたいな関係を活写出来る映画はもう出来ないだろうな。

頭だけを使って考えるんじゃなく、体全体使って撮れる彼のような作り手もいないしね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサミチ

3.5リング外での演出

2016年5月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

幸せ

頼りになるんだか微妙なP・フォークがコミカルで渋味があり綺麗なんだか微妙だがキュートなカリフォルニア・ドールズの二人。

ラストのP・フォークの場内を巻き込んだ演出が良いタイミングで発揮され楽しい。

プロレスを題材に試合描写も陳腐に感じるが勝つも負けるも応援の眼差しで鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0たるいが評価したい部分も。

2015年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

萌える

なんと言っても
女子プロレス
という映画では珍しいジャンルに挑んでいるところがいい!!
えっちなコスチュームで戦うので萌える。
二人ともセクシー。
話はまとまりが無くてドラマとして思っきり中途半端。
でも、ま、いいか。もう少し短ければもっと楽しかったでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
読む映画 城戸朗賢

3.5マットに咲く二輪の花

2015年4月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

『特攻大作戦』など男性向けアクション映画の雄ロバート・アルドリッチが、2人の女子プロレスラーと、どうにも胡散臭そうな敏腕マネジャーとが全米各地をドサ回りの旅で流れ歩いて行く様を丹念に描き出したスポ根ドラマ。
ロードムービーの側面もあり、プロレス興行の困難さ(特にファイトマネーの問題)が切実に迫って来る。

どうしてもアメリカン・ドリームを掴む物語となると、『ロッキー』と比較してしまいがちになるが、まだまだ女性の立場が弱かった時代だったからこそ、ドールズたちの人生と青春を賭けた満身創痍での戦いは、より深い感動を生む。

飄々とした味わいを、醸し出しているマネジャーのハリー役を演じるピーター・フォークの存在感も、忘れがたい印象を残している。ドールズたちに歯に衣を着せぬ物言いで接する彼だが、心根は優しく、何かと言うと格言を持ち出すところが微笑ましい。
今や3人は本物の家族以上に固い絆で結ばれている。

そんなハリーがつい高額のファイトマネーに目が眩み、ストリップショーまがいの泥レスの試合を引き受けてしまう。
試合後、大勢の観衆から笑い者にされたことで悔し涙を流すアイリスの姿に思わず同情してしまう。
そう言った鬱積したものを一気に解消してくれるのが、クライマックスでのタイトルマッチ戦。
小林幸子かと見間違うほどのド派手な衣装に身に包んだドールズたちの入場シーンからもう最高のノリだ。
これにはセッド・ジニアスだってぶったまげるぜ!
そして、スタントを使わない2人の女優たちの渾身の試合シーンは臨場感たっぷり。こちらも思わずヒートアップしてしまい、思わず熱い声援を彼女たちに送りたくなった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。

4.0プロレスシーンがものすごい

2015年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

興奮

なかなかDVDをレンタルしているところがなくて、観れなかったこの映画。ついに観ましたよ!
いやぁ、最後の盛り上がりがすごかったですよ。彼女たちの躍動感が見ものでした。
昨日観たのが、ソフィア・コッポラだったので、なんか余計に際立って今回の映画が映画らしく感じられましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
「カリフォルニア・ドールズ」の作品トップへ