オールウェイズ

劇場公開日

19%
45%
33%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

仕事中に死んだ森林火災消火隊員が、なおも恋人を見守り続ける姿を描くファンタジー・ドラマ。43年製作の「ジョーと呼ばれた男」(日本未公開)のリメイク版で、製作・監督は「太陽の帝国」のスティーヴン・スピルバーグ、共同製作はフランク・マーシャルとキャスリーン・ケネディ、脚本はジェリー・ベルソン、撮影はミカエル・サロモン、音楽はジョン・ウィリアムスが担当。出演はリチャード・ドレイファス、ホリー・ハンターほか。

1989年製作/121分/アメリカ
原題:Always
配給:ユニバーサル映画=UIP

ストーリー

無茶な飛行でいつも周囲をはらはらさせている森林火災の消火隊員ピート(リチャード・ドレイファス)を恋人に持つドリンダ(ポリー・ハンター)は、誕生日にピートからドレスとハイヒールをプレゼントされた夜、消火飛行のパイロットになりたい、と言い出した。許さないピートに彼女は、友人のアル(ジョン・グッドマン)から聞かされていたパイロット養成学校の教官になるよう頼む。死と背中合わせの仕事を続けるピートを心配したドリンダの心を察した彼は、それを約束する。ところが非番の日に起きた山火事の出勤を命じられたピートは、ドリンダの制止も聞かず飛行機に乗り込み、エンジンに火のついたアルの飛行機を鎮火させようとして逆に爆死してしまうのだった。天国でピーターはハップ(オードリー・ヘップバーン)という天使と出会い、パイロットに彼の霊感を与えるように言われる。こうしてピートは、アルが所長をすることになった養成学校の生徒テッド・ベイカー(ブラッド・ジョンソン)にアドバイスを与えることになるのだった。一方、ピートと死別した悲しみから立ち直れないドリンダの姿を見かねたアルは、現実から逃げてはいけないと、養成学校に連れてゆく。ところがテッドは、昔ピートが送ったドレスを着たドリンダの姿を見て、彼女に一目惚れしていたことがあり、一方のドリンダも次第に彼に好意を寄せてゆく。苦しむピートにハップは愛する人に別れを告げた時、自由になれるのだ、と諭すのだった。やがてテッドも一人前のパイロットになった頃、山火事発生の知らせが届く。出勤しようとするテッドの姿を見たドリンダは、アルたちが止めるのも振り切って飛行機に乗り込む。そしてピートに見守られたドリンダは、無事使命を遂行するのだった。こうしてピートは、ドリンダから別れることができ、彼女はテッドとの愛を実らせるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5感動できる設定になっていない

MUNEKIさん
2022年5月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MUNEKI

2.0スピルバーグにも苦手な分野があったか…

2022年5月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

90年の劇場公開以来の再鑑賞。
その際はスピルバーグ作品として
観たのだろうが、
その後はこの映画がスピルバーグ監督作品
との認識から外れていたし、
ダルトン・トランボ脚本映画のリメイク作品
であることも今回の再鑑賞で初めて知った。

しかし、二人の作品にしては、
何かしっくりこない、らしくない作品だ。

冒頭の飛行シーンや、
実際に再現したという山火事の臨場感、
更には細かなウィット等、
流石がスピルバーグ流と思える要素は多い。

しかし、
肝心の恋愛の展開はしっくりこない。
幽霊となった主人公が
あたかも天使から与えられた試練のような、
アドバイスを与える若いパイロットが
ヒロインと恋仲になるという展開や、
終盤にヒロインを愛する男が
消火に行くと言っている場面で、
何故ヒロインが消火に向かう設定に
なるのか、等々
何か作られ過ぎに感じ、
作品の世界へ入り込む支障になった。

そもそもが、
年齢差が原因だろうが、霊になったろうが、
愛する人の幸せを見届けて
主人公が立ち去る話は山のようにあり、
その展開に巧妙さが無い限りは
何の新鮮味も感じない。

スピルバーグ作品を振り返ってみると、
恋愛物はほぼ見受けられない。
パニック物、SF物、戦争物など、
たくさんの名作で魅了させてくれたが、
流石に彼にも苦手な分野があったのかな、
と感じさせる作品だ。

ただ私にとっては、
挿入歌のザ・プラターズの「煙が目にしみる」
を聴いてオールディーズに少し興味を
持ち始める切っ掛けになった作品ではある。

さて、愛する女性が手の届かないところに
行ってしまった場合、
私は、彼女が別の男性を愛する事に
心から祝福出来るだろうか。
ヘップバーンが後半生で見せた
慈愛の精神が求められそうだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KENZO一級建築士事務所

2.5スピルバーグ版ゴースト

2022年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

森林消防隊の飛行機の操縦士が主人公(リチャード・ドレイファス)、恋人(ホリー・ハンター)に安全な職場に移ると約束するが、直後に事故で亡くなってしまう。
天国で会った天使がオードリー・ヘップバーンで、これがウリかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0前へ、自由へ

2022年2月12日
PCから投稿

ローマの休日の可憐な王女役が印象深いオードリー。そんな彼女がSF冒険映画といえば!の監督作品に出演しているという事が驚きでした。
観る前はあまりピンと来なかったのですが、実際に観てみると、爽やかな天使役がとても良く合っていました。シンプルな白いシャツとパンツスタイルも素敵です。凜とした美しさはあの頃と変わりません。
そんな天使が語る“自由は人に与える事で初めて手に入れる事が出来る”という言葉が印象的でした。愛する人を残し、突然世を去る事となった男。彼女への想いが忘れられず苦しむ彼に天使が語りかけた言葉です。
互いを想い合う気持ちや過去の思い出は美しく大切なもの。しかし、前に進むためにはそれらを断ち切らねばならない時もある。切ないですが、新たな世代に生きる喜びを伝えようとする彼らの魂は私達に優しく寄り添ってくれているのだと思うと温かい気持ちになれます。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
セロファン
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る