オー!ゴッドのレビュー・感想・評価

メニュー

オー!ゴッド

劇場公開日 1978年6月3日
2件を表示 映画レビューを書く

神様サイコー!

神の存在を知らしめるために地球に降り立った神様。
そして預言者として働かされる主人公。

談志が落語の枕でこの話をしていたのがとても印象的だったので、借りてきて見た。
神様がどっかのおじいちゃんて感じで、そこにまず好感が持てる。
ブルースブラザースのキャブ・キャロウェイもよかったが、これも秀逸。

最後のシーンまでカッコいい。

神様がいる白い部屋は、2001年のパロディかと思った。
そして、最後のシーンは羊たちの沈黙でパロったのか。
そんな印象的なシーンだ。

主人公の後に反戦歌手になったあの人もよかった。
私の思うアメリカ映画とはこういうもの。
いつも風を受けて清々しい。

lotis1040
lotis1040さん / 2013年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たのしい!!

昔見たときのインパクトだけが記憶にあったので
もう一回見てみた。

展開が少しモタついたりするけど素直に楽しめた!

神を普通のおっちゃんにして登場させるアイディアは
すごくイイ。ちょっと無理もありますが・・・

ただ、神の目的がいまいちハッキリしてないのが
少し残念でした。

きば
きばさん / 2012年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi