悦楽晩餐会 または誰と寝るかという重要な問題

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

高級レストランに集う人々の人間模様をユーモラスなタッチで描いたドラマ。監督は『ジュトンク ヒトラーの贋作者たち』(92年東京国際映画祭で上映、脚本賞受賞)の気鋭ヘルムート・ディートル。脚本はディートルの原案を元に、彼と作家・戯曲家のパトリック・ジュースキントが担当。製作はディートル、ノルベルト・ブロイス。撮影は「夜曲」のゲルノット・ロール。音楽はダリオ・ファリーナ。美術はアルブレヒト・コンラート。編集はイネス・レニエ。衣裳はベルント・シュトッギンガー。出演は『シュトンク』のゲッツ・ゲオルゲ、「ブリキの太鼓」「フランチェスコ」のマリオ・アドルフ、「卍ベルリン・アフェアー」のグートルン・ランドグレーベほか。

1998年製作/114分/ドイツ
原題:Rossini
配給:ビターズ・エンド配給(丸紅=M3エンタテインメント提供)

ストーリー

ミュンヘン。映画人はじめ文化人が集うレストラン“ロッシーニ”。主人はパオロ(マリオ・アドルフ)。監督ウフー(ゲッツ・ゲオルゲ)、製作者のオスカル(ハイナー・ロイターバッハ)、小説家ヤーコブ(ヨアヒム・クロル)、タブロイド誌の記者シャルロッテ(ハンネローレ・ホーガー)、詩人ボード(ヤン・ヨーゼフ・リーファース)、そしてオスカーとボードの愛人ヴァレリー(グートルン・ランドグレーべ)らはそこの常連。ウフーは妻の浮気に悩み、オスカルとボードはヴァレリーをめぐり鍔ぜり合い、ヤーコブは片想いのウェイトレス、セラフィーナに告白できないでいる。ヤーコブの書いた小説『ローレライ』の映画化の企画が持ち上がる中、女優志願の“白雪姫”を名乗るブロンド娘(ヴェロニカ・ファレス)が迷い込んできて事態は大混乱。夜な夜な色と欲の饗宴が繰り広げられるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「悦楽晩餐会 または誰と寝るかという重要な問題」以外にこんな作品をCheck-inしています。