栄光の野郎ども

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ホフマン・バーニーの原作を「ダンディー少佐」のサム・ペキンパーが脚色、「酋長ジェロニモ」のアーノルド・レイヴンが監督したアクション西部劇。撮影は「ハッド」(アカデミー賞)のジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はリズ・オルトラーニが担当した。出演は「枢機卿」のトム・トライオン、「不沈のモリー・ブラウン」のハーヴ・プレスネル、「ダンディー少佐」のセンタ・バーガー、マイケル・アンダーソン・ジュニア、スリム・ピケンズ、「チャップマン報告」のアンドリュー・ダッガン、アダム・ウィリアムズ、ピータ・ブレックほか。製作はTVで活躍中のジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴンの3人組。

1965年製作/アメリカ
原題:The Glory Guys
配給:ユナイテッド・アーチスツ

ストーリー

白人の横暴な圧力に耐えかねたシャイアン族の蜂起の報に第三騎兵隊の総力が結集されることになった。ドニファン砦に集まったのはハーロッド大尉(トム・トライアン)のほかに、新兵のマーティン(マイケル・アンダーソン・ジュニア)、デューガン、クレーン、クラークらだった。マッケーブ将軍と対面したハーロッドは、6年前の戦いで将軍の個人的な名誉のために犠牲になった多くの新参兵のことを思い出して不快だった。一方、インディアン・スカウトのソル(ハーヴ・プレスネル)も、シャイアンに殺された牧師の娘と結婚するためにこの地に来た。夜を日につぐ猛練習から、ちょっとしたことから、騎兵隊員同士が喧嘩をしたが、その責任追求のてんやわんやの捜索行が皮肉にもソルとの間に奇妙な愛情が芽生えた。他の若い隊員にもさまざまなロマンスが生まれたが、いよいよ出撃の朝、650人の騎兵隊員と40人のインディアン・スカウトの進軍が始まった。そして作戦も完了していた。しかしいたずらに功をあせったマッケーブが予定を変更、ハーロッドの意見は一蹴された。そして案の定、それが失敗かに見えたときソルの機転で難を逃れたが、ソルは自から命を落した。朝が来た。騎兵隊は勝利を獲得したが、幾百の兵士の命とひきかえの苦い勝利だった。ハーロッドの心は、恋仇ソルを失ったことで重く沈んでいた。ロマンスの成就と、生き残ったことの幸せを喜ぶ若い兵士の中で。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る