「満月と夕陽をバックに。」E.T. アントニオバンデラスさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「E.T.」 > レビュー > アントニオバンデラスさんのレビュー
メニュー

E.T.

劇場公開日 1982年12月4日
全32件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

満月と夕陽をバックに。

一度は観たいと思っていた作品でしたが、ようやく観ることができました。
名作ですが、子供向けっぽい印象から、そこまで期待せずに観ました。しかし予想を超える素晴らしい作品でした。

演出がとても素晴らしい作品で、印象的なのが自転車で空を飛ぶシーン。前半の空を飛ぶシーンでは満月をバックに、クライマックスのシーンでは夕陽をバックに。そこにあの名曲が流れる。夢溢れるシーンですが、私はとてもノスタルジックな気持ちになりました。又、現代のCGとは違い、レトロで暖かみがあり、とても味のある演出ばかりで感動しました。

少年の心を忘れずに。そんなスピルバーグ監督らしさ溢れるメッセージを感じました。

あと名シーンだと思っていた指を合わせるシーンが無かったのには驚きました 笑

アントニオバンデラス
さん / 2019年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報